【ZBrush】従来のGizmoの挙動をさせるには!?Gizmo Soft Deformation(ソフト変形)

Gizmo3Dやトランスポーズ時、Focal Shift(焦点移動)の設定でメッシュの変形を行うGizmo Soft Deformationのご紹介です。

 

ZBrush2022で追加されたこちらの機能。

  • ギズモやトランスポーズが正常に機能しない!?
  • Gizmo3D/トランスポーズ共に2022以前の挙動に戻すにはどうすれば?
  • 昔のバージョンを取り扱う教本や動画とGizmoの挙動が違うな…

という人に向けて。

 

この記事では

以前のGizmo3Dと同じ挙動をさせるための設定

使い方の一例

参考動画

をまとめています。

 

ZBrush2022公開当初はその不思議挙動に混乱した人も多かったような印象ですが(私もその一人)、

今はデフォルトで以前の挙動になるような設定になっているので混乱することはないかと思いますが念のため。

 

 検証バージョンはZBrush2022.0.5

参考

OTHER ADDITIONS | ZBrush Docs

 

関連記事Gizmo3Dの基本

スポンサーリンク

Gizmo Soft Deformation(ソフト変形)

Gizmoは、Focal Shift(焦点移動)で調整されたフォールオフでソフトな変形を適用することができるようになりました。

 

-100以上の値を設定し移動、拡大縮小、回転などを行うと、その値に応じでソフトな変形を行うことが出来ます。マスキングを使用すると、結果をさらに制御できます。トランスポーズでもFocal Shift(焦点移動)が反映されます。

Gizmo3D/トランスポーズのデフォルトの設定

デフォルトではメッシュをソフト変形させない、以前からのGizmoの挙動になる設定です。

もし教本や動画とGizmoの動きが違うな…と思ったら値を確認してみてください。

 

■Gizmo3D

Focal Shift -100

■トランスポーズ

Focal Shift 0

使い方の一例

ソフト変形を使った形状作成はもちろんのこと、一部分のフォルム調整が面白いです。

■例えばシンメトリのまま調整したい場合

■Gizmoなので複数のSubToolを跨いだフォルムの調整にも一役買ってくれそうです。

こののソルジャーは

  • Soft Deformation
  • Temporary selectionモード(ハッシュライン)
  • 通常のマスク
  • トポロジーマスク

を併用して編集しました。ブラシは使ってません

 

関連記事複数のSubToolを跨いだ操作(Temporary selectionモード)

参考動画


Gizmo3D 関連記事

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

注目!ZBrush専用アカウントを作成しました。ZBrush関連の最新記事、過去記事を投稿するアカウントです。良ければフォローしてください

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事