GIMPに引き続き。こちらも個人的にはよく使うIllustratorの代替品。

 

趣味でやっている人やちょっと写真加工したい、Lineスタンプなどの流行りでちょっとイラスト描きたいぐらいの人へフリーソフトのご紹介。

 

スポンサーリンク

ベクターデータ作成ソフトInkscape

ベクターデータとは平たく言ってしまえば、拡大縮小しても見た目が変わらないデータ。
(ちなみにPhotoshopやGIMPのように拡大縮小するとぼけたりしてしまうデータはラスターデータと呼びます)

 

 

割と最近知ったソフトで、こちらそれ用の本まであるので有名なのかな?
こちらはわりかし新しい本がよく出ています。

インストール

1.Download

【公式】https://inkscape.org/ja/

DOWNLOADをクリック
使っているシステムからインストーラーをDL。Windowsの場合32bit/64bitを選べる

2.Installerに日本語あり

特に何の設定もいじらずポチポチ初期設定のままインストール

3.起動したら英語のインターフェースだった

Edit>Prefarence>Interface>LanguageをJapaneseにし、InkScapeを再起動するとすると言語変更されるよう。

だが変更されぬ、、、、!!!!
環境設定とかあまりいじりたくないので(InkScape指定で環境変数を編集という話ではなさそうだったので)色々調べましたが諦めました

再インストール

今度は慎重にインストーラーを見ました。そして見つけましたよ。
「言語」って項目を、、、!!!

日本語は一番最後です。そこのチェックを入れて再インストールしてみたところ

無事にできました。

まとめ

時間かかりました。すごく時間かかりました日本語化に。

 

機能自体、操作性は違うものの、割と感覚的に触ることも出来ました。
UIのフォントの変更をしているユーザーさんも多くいらっしゃるようなのでカスタムしつつ使っていくのがいいですね.

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事