Adobe 製品の代替品~AfterEffects->Blackmagic Design Fusion

ここではAdobeAfterEffectsの代替品になりえるであろう合成ソフトBlackmagic DesignのFusionをご紹介します。

AfterEffetsに慣れている人にとっては操作方法、考え方が異なるため若干習得にハードル高めなソフトのように思えますが、元有料の高性能なソフトが無料で使える!という素敵ソフトなんです。

 

他社とのデータ共有さえないようなポジションであれば、Fusionの導入を検討しても良いかもしれません。

 検証バージョンはFusion8
スポンサーリンク

合成ソフトBlackmagic Design Fusionの特徴

  • ノードベース・ワークフロー
  • インターフェースやドキュメントもALL英語。とにかく日本語ドキュメントが非常に少ないのが難点
  • 公式ページにチュートリアル動画があるので興味がある人はそちらでどうぞ

AfterEffectsとFusionの作業画面比較

2D素材の上にマスキングをした2D素材を配置したときの作業画面です。

Fusion

AfterEffects

見た目もさることながら、使い勝手も全く異なる。

スポンサーリンク

インストール

1.Download

【公式】https://www.blackmagicdesign.com/jp/products/fusion/

使用するOSの選択をします

2.個人情報の入力

あとはインストーラーおまかせで大丈夫です。

まとめ

プロ仕様のソフトなため使いこなすには中々気合を入れて取り掛からなければならないです。

 

AEで慣れているととなんじゃこりゃぁぁぁぁとなりますがコスト削減など検討しているところにはやってみる価値はあるかも。

有料版との比較を見てもらえば分かるように外部のプラグインを入れられないなどの制約がありますが、標準機能は大半使えるので個人制作やプラグインを必要としないワークフローでは現場で使用しているところもあるそうです。

 

参考有料版との比較

Fusion-比較

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事