ZBrush-Crease(クリース)の設定。Creaseからの面取りも!

ここではCrease(折り目)と呼ばれる部分的にエッジにスムージングやディバイドの影響を与えないようにするための機能についての設定についてご紹介します。

 

Crease内にあるBevelを使えばCrease面取りもできます。

エッジの保護等よく使う機能のうちの一つなので覚えておきましょう。

 

 検証バーションはZBrush2019です

 

参考

Geometry>Crease | ZBrush Docs

スポンサーリンク

Creaseとは

CreaseはPolyFrameモードで表示した際にエッジの片側に沿って走る点線して表示されます。

 

Creaseクリースと言っていますが、ドキュメント上ではCreaseタグを設定するとの表記があるので実際はタグをつけたり消したりしているということになります。目印的な。

エッジの片側又は両側に定義して、部分的に丸みを帯びる又は全く丸みのない折り目をつけることができます

Geometry>Crease

Crease

メッシュにCreaseを追加します。

 

非表示になっている箇所があればその境界とCToleranceの設定に伴い、Creaseが入ります。

Crease All

全てのメッシュにCreaseを適用します。

CTolerance

Creaseを適用する基準になる角度。

Creaseを適用した際に、ここで設定した角度より大きいの角度の箇所にCreaseが適用されます。

CreaseLvl

Creaseが有効なサブディビジョンレベルの最大数を決定します。

 

例えばこのスライダーが2に設定されている場合、Creaseは最初の2つのサブディビジョンレベル(Sdiv2,3)でのみハードエッジを生成します。それより高いサブディビジョンレベルにすると、Creaseの影響が無くなり、わずかに丸くなっていきます。

Uncrease

表示されてるメッシュからCreaseボタンによって適用されたCreaseを削除します。

moco
と描いてあるんですが削除されませんでした、、、

Uncrease All

選択したメッシュからすべてのCreaseを削除します。

Crease PG

すべてのPolyGroupの境界にCreaseを適用します。

Uncrease PG

すべてのPolyGroupの境界にあるCreaseを削除します。

この場合、PolyGroup内にあるCreaseは削除されません。

Bevel

Creaseが適用されたエッジにベベルをかけます。

moco
Creaseからの面取りに便利そう

 

以下の設定によって、調整されます。

PropWidth(Proportional Width)

ONにすると一定のベベル幅を維持します。

Resolution

スライダーでベベルのエッジループの数(分割数)を定義します。

Bevel Width

ベベルの幅を調整します。

EdgeSharp

エッジループの挿入される位置を定義します。

Resolutionが2以上になった際に有効になります。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事