ZBrush-Extract(抽出)の断面のガタガタをきれいにする方法

Extractを使用した際に発生するメッシュのガタガタになった断面をきれいにする方法をご紹介します。

 

Extractでメッシュを抽出するとこのようにアウトラインがガタガタになってしまいますよね。

これがわずか数ステップできれいなアウトラインになります。

 検証バージョンはZBrush2020です
この記事がおすすめな人
  • アウトラインのボコボコをきれいにしたい人
  • Extract(抽出)を使う人

 

スポンサーリンク

元ネタ:Teranus氏のZCentralのスレッド

今回の元ネタはTeranus氏のスレッドをに投稿されていたTipsの一部です。

 

実際には抽出したメッシュを加工し、LiveBooleanを使用してもっと複雑な掘り込みを行っているのですが、今回はその始めの部分だけやってみました。

 

 

CHECK!TeranusもといSebastian Schade氏の作品

Sebastian Schade-Artstation

実際にやってみた

実際にやってみました。ワークフローは以下

  1. マスクを描き、Extractでメッシュを抽出
  2. Deformation>Polish by Groupsを何度か行う※ここで終了しても可
  3. ZRemesherでリメッシュする
  4. Zmodelerでサイドのエッジループを削除する

1.マスクを描き、Extractでメッシュを抽出

マスクを描いた後SubTool>Extractを使用してメッシュを抽出。

関連記事Extractの使い方ついては別途まとめてあるので割愛します

2.Deformation>Polish by Groupsを何度か行う

Deformation>Polish by Groupsのスライダーを100までスライド。

これを2~3回繰り返すと断面がきれいになります。

ここで終了でも構わないですが、メッシュが多いですよね

そこで次のステップです。

3.ZRemesherでリメッシュする

Geometry>ZRemesherのKeepGroupsHalfにチェックを入れてリメッシュします。

メッシュが半分にになりました。

 

関連記事ZRemesherの使い方ついては別途まとめてあるので割愛します

4.ZModelerでサイドのエッジループを削除する

Zmodelerのエッジアクションのデフォルト(Insert)でALT押しながらエッジをクリックします。

真っすぐな断面が欲しい人向け。

余計なエッジが無くなるので真っすぐな断面ができました。

 

これはモデルを何に使用するかによって必要有無が変わります。元ネタでは、この後にサイドを加工して云々という操作が入っていたので削除していました。

スポンサーリンク

使いどころは多様にありそう

Polish by GroupsなどDeformationの中にあるPolish関連は色々と使えそうですね

 

関連記事

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。

関連記事実際にやった感想

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事