この記事ではコントローラーのプリセットスクリプトrig101 Wire Controllersとそのスクリプトを配布しているRigging101をご紹介します。

 

リグ制作やアニメーションで何かと活用するコントローラー、使用場所によってはわかりやすい形状が求められるのでその都度作成するのは大変ですよね。

 

それがrig101 Wire Controllersを使えばあっという間に的確でわかりやすいコントローラーが作成でき、作業の効率化が図れます!

 

またこのスクリプトを配布しているRigging101はリギングの教育を目的として作成されたサイトです。合わせて要チェック!

 

この記事がおすすめな人
  • Mayaのコントローラー用シェイプの形状の参考を探している人
  • Mayaのコントローラーシェイプを簡単に作りたい人
  • Mayaのリグサンプルを探している人

 

関連記事コントローラーの大切さはウェビナーでも語られていました

スポンサーリンク

リグの教育サイト「Rigging101」

ヴィジュアルエフェクトアーティスト、アニメーター、テクニカルディレクターとして様々な経歴を持つJavier Solsona氏が管理するリグを教えるために作成したサイトです。

 

 

記載されてるMayaのバージョンを見る限り、大分昔のサイトのようですがリグの基本として学ぶ所はあるのではないでしょうか

rig101 Wire ControllersのDL

TOPページ>Free Stuff

の中の

MEL SCRIPTS>rig101 Wire Controllers

見てわかるようにコントローラー以外にも様々なスクリプトを公開されています!

スポンサーリンク

MayaMELの入れ方

MELの入れる場所

英語:ドキュメント > maya > (mayaバージョン) > scripts 

日本語:ドキュメント > maya > (mayaバージョン) > ja_JP > scripts に.melの拡張子のついたファイルを入れます。

アイコンの入れる場所

英語:ドキュメント > maya > (mayaバージョン) > Prefs>icons

日本語:ドキュメント > maya > (mayaバージョン) > ja_JP > Prefs>icons

MELの起動の仕方

その後、Mayaを再起動し、下の入力フィールドにファイル名を入力して実行します。

rig101wireControllers

シェルフに登録(入力した↑をドラッグ&中ボタンを押してシェルフまでドロップ)しておくと便利です。

ありがたく使わせて頂きましょう

少なくともMaya2016で動くことは確認済みです。

私自身はあまりリグを組むことがないですが、アニメーションで使用するコントローラー作成の際には使用させて頂いております。

 

ありがたや~

セットアップ・リギングを行うための参考書籍

自分でリグを作りたい!セットアップを行いたい!基本を学びたい!という方におすすめの書籍です。

マヤ道! ! : The Road of Maya (CG Pro Insights)

リグの実践的なノウハウを学ぶ前によみたい根本的なMayaの仕組みを理解することを目的とした本です。

 

初心者が躓きやすいポイントの解説もあります。Mayaユーザーなら1冊は持っておきたい良書です。

 

何よりマンガで解説されているので、スッと入ってきやすいのではないでしょうか。

主人公(新人モデラー)の上司のつぶやきとして、セットアップ前のオブジェクトの不備についても触れられています。

Maya リギングー正しいキャラクターリグの作り方

実践的なリグの組み方を基本的なところからキャラリグまで学べる書籍です。
0ベースからリグを組み立てる工程をサンプルデータと共に解説しています。

 

リグを作成する際の具体的なルールやリグにおけるデフォーマーの使い方、ノードのつなぎ方、ドリブンキーの使用etc、実制作を通して丁寧に解説されています。

 

第2版が出ていました。

Mayaベーシックス アニメーション&セットアップ基礎力育成ブック

アニメーションを中心としたオールラウンドに解説された書籍です。

グラフエディタの操作から、階層アニメーション、パスアニメーション、カメラのアニメーション、ドリブンキーの用法、リグやスキニングなど広く要点を押さえた解説がなされています。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事