ZBrush-HistoryRecallブラシの使い方ーモデル間でディテールを再現!

ZBrush2020で新規に搭載された別のモデルにスカルプトやペイント情報を手動でほぼ完全に投影できるHistoryRecallブラシの使い方をご紹介します。

 

トポロジーが異なるモデルにも適用可能で、SubTool > Projectとは異なり、HistoryRecallブラシでペイントした箇所は一定の条件の下、ほぼ同じディテールにすることができます。

 

 検証に使用したバージョンはZBrush2020です

参考

HistoryRecall | ZBrush Docs

スポンサーリンク

公式動画:ZBrush 2020 -HistoryRecall Brush

HistoryRecallブラシの使い方

用意したモデルは以下

右は左のモデルを複製し、ディテールをつぶしてZRemesher等でリメッシュも行いました。

  1. コピー元とコピー先のモデルの両方を同じ3D空間上に近接して配置します。

    あくまで位置情報から再現するため、極端に異なる配置やメッシュの場合、投影が上手くなされません。
  2. スカルプトされたモデルのSubToolを選択し、HistoryRecallブラシを選択します
  3. Undo History timelineから(コピーしたいディテールを持つ)オレンジ色のハッシュタグをCTRLを押しながらクリックします。

    ちょっと白っぽくなりますね。
  4. コピー先のSubToolを選択し、ペイントしていきます。
 シンメトリは使えません

みるみるうちに元モデルと同じディテール、フォームが再現されます

【注意】極端な形状違いは再現不可

目や鼻はほぼ再現できましたが、耳など複雑に入り組んだ箇所の再現はできませんでした。

あくまで近しい形状のディテール転写機能だと思っておいた方が良いかもしれませんね。

【注意】再現のディテールはメッシュに依存する

この機能は既存のメッシュにディテールを投影するだけです。

そのためコピー先のメッシュはこの機能を使用しても増えることはありません。

 

■コピー先がローポリだとガタガタです

そのため、コピー先のメッシュが十分でない場合は、それだけ再現されるディテールも甘くなりますのでご注意下さい。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事