ZBrush- Morph UV(モーフUV)の使い方

3Dメッシュを平坦化(2D)UVシェルにモーフィングするMorph UVにZBrush2020の機能追加として、Morph UV状態でスカルプト・ペイント可能になりましたのでそのご紹介です。

 

モーフィング中に、ZAdd、ZSub、およびMRGBでスカルプトおよびペイントするオプションがあります。作業後、Morph UVをオフにすると、モデルが3D状態に戻り、すべてのディテールが適用されます。

 

 検証に使用したバージョンはZBrush2020です

 

参考

Sculpt & PolyPaint Morph UV| ZBrush Docs

 

関連記事ZBrushでUV展開したい方はこちらもどうぞ

スポンサーリンク

公式動画:ZBrush 2020 - ZBrushing on Morph UV

モデルのUVアンラップ状態でスカルプトおよびポリペイントできるようになりました。

この機能の使いどころ

  • メッシュ全体に長く連続したストロークを適用する
  • 狭いコーナーや重なり合ったジオメトリ(厚みのある服の表と裏とか)に連続したペイントを行う

特別な操作は特になし

Morph UVでUVシェル状態にし、あとはスカルプトやペイントを行うのみです。

スポンサーリンク

Morph UVの設定

Tool>UV Map>Morph UV

これを押すとUV展開状態になるため、スカルプト他ブラシが使えます。

Morph UV

3Dメッシュを平坦化(2D)UVシェル状態にします。

 

UVを持ってないモデルでは、このボタンは無効になりますのでご注意ください。

Bump スライダー

2D平坦化されたUVシェルに表示時に、3Dメッシュにスカルプトされている箇所のバンプ具合を調整します

 

このスライダーの値を大きくすると、3Dメッシュから平坦化された2DシェルにUVをモーフするのに時間がかかります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事