3Dプリント作成する人にとっては必須の出力サイズ設定をリアルサイズに調整するために公式から提供されているプラグインScale Masterについて調べてみました。

 

 

3dsmaxやmayaなど他ツールで利用する際にもリアルサイズで作成できるとなにかと便利ですよね。

 

 

Scale MasterはZBrush で cm、mm、inch、feet(フィート)といった実世界の測定単位を使用できるようにするものです。サブツールを含め、ワンクリックだけで、全体のサイズ設定をし直すことができます。

 

 

また、複数のSubToolをZBrush内で最適とされるXYZSize「2」にリサイズするためにも強力なプラグインです。

スポンサーリンク

公式動画

 

 

公式ドキュメントScale Master | ZBrush Docs

 

インストール

Scale MasterはZBrushをインストールした際に自動的にインストールされます。

再インストールする必要がある場合は、ZBrushのフルインストーラーを実行して下さい。

 

 

Zplugin>Scale Master からアクセスできます。

Scale Masterの使い方

Scale Masterの使用するのは非常にシンプルです。

 

 

開始する前にモデルはEditモードになっている必要があります。

 

 

  1. ZBrushにロードされたモデルを使用してSet Scene Scaleボタンをクリックします。
  2. さまざまなサイズのダイアログが表示されます。 一番上に、ZBrushが読み込んでいるSubToolのデフォルト値が表示され、次にさまざまなサイズ(mm、cm、in、ft)が表示されます。
  3. 選択したSubtoolを出力したい希望の単位で選択します。 (これらの単位や値は後で変更することができます)。
  4. オプションの1つを選択すると、シーンがmmに変換され、X、Y、Zスライダーが選択されたサイズと単位の値に更新されます。
  5. X、Y、Zスライダーを希望するサイズに変更できます。これらのスライダーはデフォルトで比率が固定されます。

    TIPS!

    これらのスライダーの最大値は、選択されたSubToolのXYZSize(Tool>Geometry>Size>XYZ Size)にExportスケール(Tool>Export>Scale)を掛けたものに基づいています。

    「All」オプションを使用してサイズを変更するか、サイズ変更後に「ZBrush Scale Unify」を実行すると、最大スライダの値が増加します。

    Unified Toolの寸法は、それぞれ最大20,000mm、2,000cm、787inch、または65ftになります。

     

  6. スライダーを変更すると、現在のSubToolに合わせて現在のSubToolまたはすべてのSubToolをサイズ変更できます。
  7. モデルのサイズを変更した後、特定の単位で* .objファイルにエクスポートできます。

Scale Masterの機能

Scale Master

このボタンをクリックするとScale Masterのチャートシートが開きます。

 

このページにはScaleMasterプラグインの使用に関する情報と、最新バージョンのダウンロードリンクとチュートリアルビデオが含まれています。

How does ZBrush scale work with imported objects?-インポートされたオブジェクトがZBrush Scaleにおいてどのように動作するか?-

 

*.objと*.stlのファイル形式には任意の単位が内包されています。

2inch x 2inch x 2inchの単位でファイル保存されたモデルの場合は、2 x 2 x 2を保存し、単位を保存しません。

 

 

このモデルをインチ設定の環境にインポートすると2インチ x 2インチ x 2インチでロードされますが、ミリメートル環境にインポートすると2mm x2mm x2mmでロードされます。

 

 

ZBrushはmmに密接に関連した汎用単位(他の単位)を使用します。 ZBrushで「2」より大きい単位を持つモデルをインポートする場合は、モデルのXYZサイズに「2」を与え、モデルサイズをmm単位で反映するようにExport Scale スライダーを変更します。

 

 

これの例として、ZBrushにモデルを10 x 5 x 2でインポートする場合です。

ZBrushはモデルにXYZサイズ2に最大スケール割り当て、次にExport Scale スライダー5に設定します。
(XYZ Size × Export Scale = Subtool の寸法)

 

 

この機能によって、インポートされたモデルのスケールを保持し、ZBrushでモデルを使用するにあたり最適な内部スケーリングを行うことができます。

 

 

Scale Masterプラグインを使用すると、モデルを変換するする際のモデルの単位を選択できます。

 

 

mmに似た単位に変換します。 このサイズが定数であるため、スキャンデータまたは3Dプリント用モデルを扱う際に、正しいサイズで追加および挿入されるようになりました。

Scale Master Basic Usage-スケールマスター基本的な使い方-

 

  1. モデルをインポートします(*.obj又は*.stl)
  2. おおよその希望サイズを持つSubtoolを選択してください。
  3. Set Scene Scaleボタンを押す
  4. Subtoolが密接に関連するスケールと単位を選択します。
  5. 「Sliders to Subtool Size」を実行すると、モデルのサイズが選択した単位で返されます。

Scale Master Extended Functionality -スケールマスター機能-

 

以下で解説のため省略。

Set Scene Scale

選択したSubToolのサイズと単位を選択するダイアログが開きます。

 

 

このプロセスにより、ツール全体がmmに変換され、サイズ変更が容易にできます。

ZBrush Scale Unify

全てのSubToolのサイズをZBrushで最適とされているXYZサイズ「2」に変更します。

 

これを完全なUnify(統一)と考えてください。

 

 

ZBrushでは全てのSubToolのXYZサイズが2に設定されているとき、最もよく機能します。

 

ZBrushでの最適サイズは「2」ということを理解しよう。

最適サイズが「2」と設定されているだけあって、標準のプリミティブも基本的にXYZSizeが「2」に設定されています。

Tool>Deformation>Unifyも同様にサイズを「2」にする効果があります。

 

 

 

このUnifyがZBrushにおいてどのような影響があるかはyoutube内  #AskZBrush 内で解説されています。

moco

Tool>Deformation>Unifyでは複数のSubToolに一括して適用することができないようです。

私がZBrush内で作成したキャラクターにUnifyを適用した結果、それぞればらばらにリサイズがかかってしまいました。

ZBrush Scale Unifyを使用すると、選択したSubToolを基準に全てのSubToolが適切にリサイズがされました。

モデルの元のサイズは、モデルのXYZScaleを変換が変換されても、ExportScale値が適切に更新されるため保持されます。

mm, cm, in, ft(上段)

スライダーで使用される単位が選択出来ます。

 

 

単位を切り替えることで、現在のサイズを確認することが出来ます。

Sliders to Subtool Size/ R

Sliders to Subtool Sizeをクリックすると、選択した単位に基づいて下のスライダーが更新されます。

 

 

「R」を有効にすると、Sliders to Subtool Sizeをクリックした後、選択したSubToolのサイズ比にスライダーがロックされます。

X, Y, Zスライダー

これらのスライダーを使用すると、選択したサブツールのX、Y、Zサイズを表示および変更できます。

 

 

「R」オプションを有効にすると、 Sliders to Subtool Sizeをクリックしたときに選択されたSubtoolのサイズ比にロックされます。 値が入力されている場合は、キーボードで「Enter」を押してください。

Resize Subtool/ All

これにより、現在のSubtoolの値が上記のXYZスライダー値に変更されます。

 

 

単一のSubToolのサイズを変更すると、現在モデルのみが変更されます。

 

 

「ALL」オプションが有効な場合、ツール内の全てのSubToolは、選択したSubToolの変更に基づいてサイズ変更されます。

 

 

ZBrush Scale Unifyでシーンのサイズを変更した後、全てのSubToolを処理すると、自動的に統一されます(ALTを押したまま、Resize Subtoolをクリックすると自動統一が無効になります)。

New Subtool

スライダーの値と選択された単位に基づいて新しいSubToolが作成されます。

 

1 Unit Helper

選択した単位に基づいて新しい1x1x1単位のサブツールが作成されます。

 

現在のサイズを測る目安に良いかもしれませんね。

New Bounding Box Subtool

すべてのSubtoolに基づいて、新しいバウンディングボックス状のCube Subtoolが作成されます。

 

 

これは、「Resize Subtool」機能ですべてのSubToolのサイズを変更する場合に便利です。

mm, cm, in, ft(下段)

エクスポートExport to Unit Scale時に使用される単位が選択できます。

 

Export to Unit Scale/All

選択したSubTool又は全てのSubToolを .obj形式でエクスポートします。

 

 

上記の単位を切り替えることで、mm以外の汎用単位(他の単位)でモデルをエクスポートすることができます。

 

細かい設定とかどうでもいいから、とにかくリサイズしたい!!

そんな人にはこちらの動画

 

シンプルにリサイズするための手順を60秒で紹介している非常にわかりやすい動画です。

手順の概要

  1. New Bounding Box Subtool を押して、全体のサイズのガイドとなるバウンディングボックスを作成します。
  2. Set Scene Scaleを押して、適用したい単位を選択。
  3. X,Y,Zスライダーで変更したいサイズを入力。
  4. ALLにチェックをいれ、Resize Subtoolを押して、全てのSubToolをリサイズします。
  5. mm, cm, in, ft(下段)から出力したい単位を選択し、Export to Unit Scaleでobj出力します。

立体物や他ツールへもっていくために

という思いのもと調べた機能のため、実際にこのプラグインを使って立体出力まではやったことがありません。

 

安価かつ手軽に3Dプリントが出来るようになってきた今でこそ試してみるにいいかもしれませんね。

ZBrushに興味が沸いたら先ずはZBrushCoreからどうぞ

ZBrushCoreはZBrushの機能制限版でその分安価なソフトです。機能制限といってもオリジナルフィギュア制作には十二分な機能を備えています。
またZbrushへのアップデートも可能なので、まずはCoreで試して見るというのもありかと思います。

タブレットのセット販売もあります。

 

ZBrushおすすめ書籍

Twitterでも積極的にTipsを配信している福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめ!

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門 

ZBrush 4R8という比較的新しいバージョンに対応した書籍です。

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

おすすめの記事