ZBrush-外部ソフトでUVを修正

ZBrushで作成したobjを外部ソフトでUV展開したい、またはUV情報を再修正したいなんてときの方法です。
昔のWIKIからの掘り起こし。







Step1 ZBrushからobjデータをエクスポート

今回のサンプルはZBrushのプリミティブ「Sphere3D」から作成。

Step2 外部ソフトにインポート、UV修正

3dsMaxに読み込み、編集可能ポリゴンに変換し、UVを修正。
読み込んだ直後はグループ化されているので、グループ化の解除が必要になります。

Note
頂点数・頂点番号が変更されると戻したときのインポートが出来ません(またはインポート結果がおかしくなる)ので、UV展開の際には注意が必要です。

※maxなら、任意のオブジェクトに頂点番号をそろえてくれるMorphixというスクリプトがあるので、頂点数が最終的な頂点数が同じなら何とかなるかもしれませんが過信は禁物

Step3 ZBrushにUV修正したオブジェクトをインポート


オブジェクトを差し替えるという考えですね

UVの確認


無事にUVの修正が出来ました

まとめ

今時はGozとかあるのでこの方法も需要はあまりなくなっているやも知れませんねー

☆ZBrushに興味が沸いたら先ずはZBrushCore(ZBrushの簡易版)からどうぞ。このデジタルコネコネは趣味にもおすすめ

 







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 − one =