Maya-AutoSave(自動保存)のデータの場所とクラッシュ(強制終了)時のデータの場所

MayaのAutoSave(自動保存)を設定する箇所と自動保存されたデータの場所について。おまけにクラッシュした際のデータの場所です。

 

保存し忘れた!クラッシュしてしまった(修復ファイルも残っていない)!!そんなときの救世主たる自動保存。いざという時どこに保存されているんだ???と思ったあなた。

 

わかりやすい所に設定しておきましょう

 

 検証バージョンはMaya2018
スポンサーリンク

AutoSaveの設定

Windows>Settings/Preferences>Files/ProjectsのAutoSave

Enableのチェックが入っていればOKです

Settings/Preferencesはアイコンからアクセス
左下の人とギアのアイコンからSettings/Preferencesを開くことができます。何かと使うことがあるので覚えておきましょう

デフォルトの保存先

特にプロジェクト設定等行っていないようであれば

C:\Users\(ユーザー名)\Documents\maya\projects\default\autosave

ここに保存されています

任意の場所に保存したい

Autosave destinationNamed folderに変更、任意のフォルダを選択します。

クラッシュファイルの場所

C:\Users\(ユーザー名)\AppData\Local\Temp

ここに保存されています。

 

漁るのが面倒くさい人は、適当なフォルダを開き、アドレスに

%temp%

を入力します。

スポンサーリンク

両方ともデスクトップにフォルダを置いています

私はクラッシュファイルの入るTempフォルダと共にデスクトップにフォルダ(へのリンク)を置いています。

 

わかりやすいに越したことはないですね。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事