ZBrush-PolyPaint(ポリペイント)でマスク作成!Mask by PolyPaint

ZBrush2020で新規に搭載されたPolyPaintの情報を元にマスキングを行うMask by PolyPaintの使い方と各設定をご紹介します。

 

Mask by PolyPaintは、最大8つのMask by Colorチャネルを使用してポリペイントのエリアを分離することができます。モデリングやペイントに何かと便利ですね。

 

UIや使い方はAdjust Colors(カラーの調整)とほぼ一緒です。色味の調整パラメーターがないぐらいです。

 

関連記事

 

 検証に使用したバージョンはZBrush2020です

 

参考

Mask by PolyPaint| ZBrush Docs

スポンサーリンク

Mask by PolyPaint

Tool>Masking>Mask By Color>Mask by PolyPaint

数多あるマスキング機能の中に入っています。

ボタンを押すとこんな感じ。

ポリペイントのカラーの選択の仕方

Mask by PolyPaintを起動し、右のマスク選択チャンネルをクリック、そのまま変更したいカラー上でまでポインターをドラッグし、放します。

するとピックしたカラーがマスキングされます。

Mask by PolyPaintの各設定

Adjust Colors(カラーの調整)と同じなので画像は流用。

Hide Colors

モデル上のすべてのPolyPaintを非表示にし、マテリアルのみを表示します。

Hide Materials

モデルのマテリアルを非表示にし、シェーディングされていないPolyPaintのみを表示します。

Toleranceスライダー

カラー選択チャンネルで選択された色の許容値を制御します

許容値を増減すると、選択範囲が増減します

Hide Mask

マスク部分を非表示にします。

Inverse Mask

カラー選択チャンネルで選択したマスクを反転します。

Blur Mask

カラー選択チャンネルで選択したマスをぼかします

最大ぼかし設定は25です。

Overwrite

カラーの選択をした際に、既存のマスクが上書きされます。

Mask

既にマスクが適用されているモデルをMask by PolyPaintした際に、カラーの選択によって生成された新しいマスクが既存のマスクと結合(追加)されます。

Unmask

既にマスクが適用されているモデルをMask by PolyPaintした際に、カラーの選択によって選択されたエリアがマスクから差し引かれます。

 

Mask機能がなんだか増えてた

今回やっていませんが、Mask By Draftも今回のアップデートで増えた機能の一つです。

沢山ありますが、名前を見ればなんとなく使い方がわかるのが良い所。上手く使い分けていきたいですね

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事