ZBrush-データの最適化!Unify(ユニファイ)について-日本語の解説動画ご紹介!ー

ZBrushが一番うまく機能するサイズにリスケールするUnify機能について、#AskZBrushに投稿されていた日本語解説動画とUnityの要点ご紹介します。

 

ScaleMasterを調べた際にもUnifyについては個人で検証してみましたが、ついにPixologic Japan(公式)より日本語の解説動画が投稿されました!

 

ZBrushのブラシの挙動が何かおかしいな?

デフォーマーの効きが悪いな

と感じる人はUnifyで解決するかもしれません!

 

この記事がおすすめな人
  • Unify機能について知りたい人
  • 何Unifyを使う必要があるのか知りたい人
  • ZBrushの機能がうまく働かなくて困っている人(ブラシの効きが悪い等)
スポンサーリンク

Unifyとは

Tool>Deformation>Unifyにある機能でモデルをZBrushにとって最適なサイズにリスケールかけます。

Pixologic Japan公式動画

youtubeの公式チャンネルに投稿されていました。

#AskZBrush - 「ユニファイボタンはZBrush内で何を行っているの?」

#AskZBrush - 「なぜZBrushのモデルにユニファイを利用するのか?」

Unifyの要点

動画で解説されている内容を抜粋すると

  • Unifyは現在選択しているSubToolを中央に移動
  • モデルをZBrushに最適とされているサイズ「2」に収まるようにリスケールする

 

ZBrushでの最適サイズは「2」であることを理解しよう

ZBrushの機能が一番うまく機能する数値がデフォルトの「2」です。

 

最適サイズが「2」と設定されているだけあって、標準のプリミティブも基本的にXYZSizeが「2」に設定されています。

サイズの違いは

  • DrawSize
  • ZIntensity
  • Dynamesh
  • Zmodeler

などの操作に影響を与えます。(どんな影響を与えるかは動画で解説されています)

ScaleMasterでSubToolをまとめてUnify

ScaleMasterの機能にあるZBrush Scale Unifyは全てのSubToolのサイズをZBrushで最適とされているXYZサイズ「2」に変更します。

 

関連記事

とりあえずUnifyかけておけば安心

外部ソフトに出力するにも、まずはUnifyをかけてサイズを統一してから行った方がワークフローを統一する観点からもよさそうですね

 

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事