ZBrush-Unify(ユニファイ)についてー日本語の解説動画ご紹介!ー

ここではZBrushの機能にあるZBrushが一番うまく機能するサイズにリスケールするUnify機能について、#AskZBrushに投稿されていた日本語解説動画とUnityの要点ご紹介します。

 

ScaleMasterを調べた際にもUnifyについては個人で検証してみましたが、ついにPixologic Japan(公式)より日本語の解説動画が投稿されました!

 

ZBrushのブラシの挙動が何かおかしいな?

と感じる人はUnifyで解決するかもしれませんよ!

 

この記事がおすすめな人
  • Unify機能について知りたい人
  • 何Unifyを使う必要があるのか知りたい人
  • ZBrushの機能がうまく働かなくて困っている人
スポンサーリンク

Unifyとは

Tool>Deformation>Unifyにある機能でモデルをZBrushにとって最適なサイズにリスケールかけます。

Pixologic Japan公式動画

youtubeの公式チャンネルに投稿されていました。

#AskZBrush - 「ユニファイボタンはZBrush内で何を行っているの?」

#AskZBrush - 「なぜZBrushのモデルにユニファイを利用するのか?」

スポンサーリンク

Unifyの要点

動画で解説されている内容を抜粋すると

  • Unifyは現在選択しているSubToolを中央に移動
  • モデルをZBrushに最適とされているサイズ「2」に収まるようにリスケールする

 

ZBrushでの最適サイズは「2」であることを理解しよう

ZBrushの機能が一番うまく機能する数値がデフォルトの「2」です。

 

最適サイズが「2」と設定されているだけあって、標準のプリミティブも基本的にXYZSizeが「2」に設定されています。

サイズの違いは

  • DrawSize
  • ZIntensity
  • Dynamesh
  • Zmodeler

などの操作に影響を与えます。(どんな影響を与えるかは動画で解説されています)

ScaleMasterでSubToolをまとめてUnify

ScaleMasterの機能にあるZBrush Scale Unifyは全てのSubToolのサイズをZBrushで最適とされているXYZサイズ「2」に変更します。

 

関連記事

とりあえずUnifyかけておけば安心

外部ソフトに出力するにも、まずはUnifyをかけてサイズを統一してから行った方がワークフローを統一する観点からもよさそうですね

 

ZBrush関連アイテム&書籍

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信している福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめ!

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門 

ZBrush 4R8という比較的新しいバージョンに対応した書籍です。

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事