ZBrush-ディテールの保持と調整!3DLayerの基本的な使い方と各設定

ディテールを個別に保持したまま、元のフォームを調整するために便利な機能3Dレイヤーの使い方と各設定についてご紹介です。

 

参考

3D Layers | ZBrush Docs

スポンサーリンク

3D Layerとは

Tool>Layersサブパレットで制御できます

Layersの使い方

基本的にはRecをONにした状態でディテールを記録、スライダーで強度を調整します。

Recordモード(RecのON/OFF)

基本的にLayerはRecordモードでスカルプトなどの情報を記録し使用します。

新しいレイヤーを作成すると、自動的にRecordモードがONになります。 それ以外の場合は、レイヤーのRecordモードをONにして、スカルプト、Polypaintまたはマスキングの変更を記録する必要があります。 レイヤーに目のアイコンのみが表示されている場合は、レイヤーに変更を加えることはできません。

RecordモードをONにするには

RECアイコンをクリックします。

 

変更が完了したら、RECアイコンを再度クリックして、レイヤーをRecordモードをOFFにして下さい。

ONの際はレイヤー右側に○とRECラベルが表示されます

異なるSubdivisionレベル

基本的にどのレベルでもスカルプトやポリペイント可能ですがRecordモードをOFFにする際には一番高いサブディビジョンレベルで行う必要があります

単一レイヤーのスカルプトのベイク

1.一番高いサブディビジョンレベルで、レイヤーが選択され、強度が目的のレベルに設定されていることを確認します。
2.Tool>Morph Target>Store MTを押します。
3.レイヤーを削除します。
4.Tool>Morph Target>Switchを押しますスカルプトが復元されます。

注:このメソッドでPolypaintとマスキングは失われます。 Polypaint/マスクが失われないように、最初にレイヤーを分割するか、テクスチャマップ作成オプションを使用して色を保存します。

スポンサーリンク

Layersの各設定

Layers list

一度に最大8つのレイヤーが表示されます

Layer Intensity slider

選択したレイヤーの強度を設定します。

 

1の値を指定すると、Recordモードのときにスカルプトされたそのままの状態。

  • 値が大きいほどエフェクトが誇張されます
  • 負の値はエフェクトを反転させます。

レコードモードでは、このスライダの設定に関係なく、値は常に1です。

Select Up/Select Down

現在選択されているレイヤーのすぐ上/すぐ下にあるレイヤーを選択します。

 

上下矢印のアイコン。

Move Up/Move Down

現在選択されているレイヤーを1つ上/下のレイヤーに移動します。

 

上下右矢印のアイコン。

New Layer

New Layerボタンは新しいLayerを作成し、自動的にRecordモードをONにします。

 

Polypaint、Shape change、MaskingはLayersに保存できます。 リギングにZSphereを使用する場合、レイヤーはポーズを保存するためにも使用されます。

Name

選択しているのレイヤーの名前をリネームします。

Duplicate

選択しているのレイヤーを複製します

Delete

選択しているのレイヤーを削除します

Split

PolypaintやShape、Maskingを持つレイヤーをそれぞれ別のレイヤーに分割します。

 

たとえば、PolypaintとShapeが変更されたレイヤーは、PolypaintレイヤーとShapeレイヤーに分割されます。

Merge Down

選択したLayerをそのすぐ下のLayerに結合します。

 

※Shapeを変更したレイヤーの中にPolypaintだけのレイヤーが混じってたりするとマージボタンがきかない模様

Invert

元のスカルプト、ペイント、またはマスクされたものなど、すべてのレイヤのディテールを反転します。

Bake All

すべてのLayerをベイクして削除します。

 

ベイク時は調整したLayerの強度でベイクされます。

Import MDD

TimeLineで使用するMDDファイルをインポートします。

 

moco
※TimeLineとはMovie>TimeLineのことでアニメーションデータの模様。
いつかやります

MDD Speed

MDDレイヤーの再生速度を設定します。

 

まとめ

なかなか普段忘れられがち(!?)ですが実は結構使う機能で、例えば爬虫類の肌の鱗をこの機能を使って追加すると、後々その強度を調整したり、それらのディテールを維持したまま元のフォームを調整することが出来る素敵機能です。

 

UdemyでZBrushコースを購入してみた2でも使用しました。

 

スカルプトしたディテールにのみエフェクトをかけるなど、そういう使い方も出来るので活用していきたいですね

ZBrush関連アイテム&書籍

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信している福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめ!

 

 

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

ZBrush 4R8という比較的新しいバージョンに対応した書籍です。

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事