ZBrush-ArrayMeshを使ってタイリング可能なアルファ(テクスチャ)を作成する方法【チュートリアル】

Youtubeに公開されているタイリングテクスチャを作成する方法を参考に実際にタイリングテクスチャを作成した工程のご紹介です。

 

  • 他のツールに頼らずZBrushのみを使ってタイリングテクスチャの作成はできるのだろうか?

 

この記事では

参考動画

実際にやってみた工程

をまとめています。

 

 検証バージョンはZBrush2021.6.6です

関連記事

スポンサーリンク

参考動画


実際にやってみた

 参考にしてやっていますか、手順を省いている・別の機能を使っている場合もありますので、本来のやり方はオリジナル画像で確認してください

1.Plane3D作成

標準搭載されているPlane3Dから作成を開始。Tool>MakePolyMesh3Dで編集できるようにします。

2.ArrayMeshの設定

ArrayMeshを使ってインスタンスジオメトリを作成します。
Tool>ArrayMesh

  1. ArrayMeshをONにし、デフォルトの設定のままX Amountを2にします。

    横に並びます。

    「2」はZBrush内での最適サイズ
    ZBrushの機能が一番うまく機能する数値がデフォルトの「2」です。
    最適サイズが「2」と設定されているだけあって、標準のプリミティブも基本的にXYZSizeが「2」に設定されています。詳細な話はUnifyの記事でまとめているので省略します
  2. Append Newを押してステージを追加し、今度はY Amountを2にします。

    関連記事ArrayMeshの使い方と各機能、ステージの概念
    下にも生成され、計4枚のPlaneが表示されます。
  3. Lock Pos、Lock SizeをONにして位置とサイズを固定します

moco
この段階でMoveブラシなどで元の1枚を変形してみると他の3枚も同じ動作をすることが確認できるかと思います。お試しください。

試したらCTRL+Zで元に戻すことをお忘れなく

3.インサートメッシュの配置

動画ではシンプルなCube配置後、それぞれスカルプトを行っておりましたが、面倒くさいので元々持っているブロックのIMMを使います。

 

■元のPlaneにインサートメッシュを作成すれば他のPlaneにも配置されます。

関連記事XMDToolBoxのIMMや無償公開されているIMM使いました

 

配置しました。

中心が埋まっていれば、端が空いていても問題ありません。

4.ArrayMeshのメッシュ化

ArrayMeshをメッシュ化します。一気にまとめてのメッシュ化は出来ず、1ステージ事メッシュ化していきます。

  1. Transform Stageを1に移動→MakeMesh
  2. Transform Stageはグレーになる→MakeMesh
  3. メッシュ化完了

6.PlaneのSplit

Gizmo3Dを使ってPlane3D をマスキング、Tool>SubTool>Split>Split Maskd Points(Split UnMaskd Pointsでも可)でPlaneとブロックを分けます。

関連記事Gizmo3Dの操作方法

7.トリミング用メッシュの配置

Tool>SubTool>AppendからPlane3Dを追加します。

元のメッシュと同じ位置に同じサイズでPlane3Dが生成されるのが確認できます。

Tool>Deformation>OffsetでXYハイライトし、値を100に。Plane3Dを中心に移動させます。

8.ドキュメントサイズの変更

アルファを作成するためにドキュメントを正方形に変更します。

Documentメニュー

Proのマークを外してWidthとHeghtをお好きな数値に変更しResize。

メッシュを再度配置し、Editモード(T)にします。

9.メッシュのフィット

7.で作成したPlane3Dを選択し、SHIFT+回転でスナップ。Fで画面いっぱいにフィットさせます

Planeを非表示にします。

10.GrabDocでアルファ化

Alpha>Transfer>GrabDocまたはAlphaパレット下部にあるGrabDocでアルファ化します

出来ました!

関連記事GrabDoc

おまけ:Photoshopで確認(任意)

フィルター>その他>スクロール

作成した画像の半分サイズに設定します。

綺麗にタイリングされていますね。

おまけ:TextureでもGrabDoc出来ます

Textureパレット内にもGrabDocはあります。

こちらはディテール込みでエクスポートできます(今回はテクスチャもカラーも何もつけていないので白いだけです)

ZBrush内で完結出来ました

当初この記事を書いた時はスクロールで上手くタイリングされていなかったのですが、後日データを開き直してやり直したら無事に綺麗なタイリングテクスチャの生成が出来ました。

もしかしたらマスクがかかっていたのかもしれません。

上手くタイリングされていなかった時はご確認ください

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

注目!ZBrush専用アカウントを作成しました。ZBrush関連の最新記事、過去記事を投稿するアカウントです。良ければフォローしてください

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事