ZBrush-Illustratorのパスデータ(SVG)をZBrushに持って行く方法-Text 3D & Vector Shapes

ここではZBrushのプラグインText 3D & Vector Shapesを使用してAdobe Illustratorで作成したデータをZBrushに持って行く方法をご紹介します。

 

Text 3D & Vector Shapesの各設定についてのメモもありますので合わせてどうぞ。

 

SVG形式のベクターファイルさえ用意出来ればIllustrator に限らずInkscapeで作成したデータを使うこともできます。

 

 検証バージョンは

AdobeIllustrator2019/ZBrush2020.1.1です

 

参考

Text 3D & Vector Shapes | ZBrush Docs

SVG Files | ZBrush Docs

関連記事

スポンサーリンク

Illustrator→ZBrushワークフロー

至ってシンプル2ステップで出来ます。

  1. IllustratorからSVG形式でデータを出力
  2. ZBrush>Zplugin>Text 3D & Vector ShapesでSVGデータを読み込む

1.IllustratorでSVGデータを出力する

  1. ファイル>書き出し>書き出し形式

  2. 特に設定をいじることなくSVG形式で出力します

Illustrator でのデータ作成の注意

パスは全て閉じましょう

 

関連記事パスを全て閉じる方法を別途まとめました

スポンサーリンク

2.ZBrushでSVGデータを読み込む

Zplugin>Text 3D & Vector Shapes>New SVGで読み込みます。

複雑な形状も3D化できました。

3D化した際の形状の調整は後述してありますプラグインの各設定を参照してください。

【エラー】うまく反映されない場合はIllustratorでパスの単純化を

閉じたパスではありましたが1度では上手く反映出来ないデータもありました。

そんな時にオブジェクト>パス>単純化を試してみてください

形状を大きく崩さない程度にポイントを減らしました。

そして再びSVGで出力、再読み込みで上手く3D化できました。他にも複数のパスを一度で全てを出力しようとせずに、個別で出力してみる等こればかりはTry&Errorを繰り返すしかないですね。

Text 3D & Vector Shapesと各設定

Zplugin>Text 3D & Vector Shapes

テキスト入力またはSVGファイルに基づいた3Dモデルを作成するプラグインです。

Text 3D & Vector Shapesの簡単な使い方

    1. Zplugin>Text 3D & Vector Shapesを開きます。
    2. 入力方法を選択します
      1. テキストデータを作成したい場合New Textボタンをクリックします。ポップアップが表示されたらテキストを入力、Enterを押すと3Dテキストが表示されます。
      2. SVGファイルに基づいたデータを作成したい場合New SVGボタンをクリックします。ハードディスクからSVGファイルを選択すると、3Dロゴが表示されます。
    3. テキストまたはロゴを作成したら、その見た目設定を変更できます。フォント自体(使用可能な任意のスタイル)、押し出しの深さ、間隔、ベベル、またはテキストの方向(垂直または反転)が含まれます。すべての変更はインタラクティブ的であるため、結果をすぐに確認できます。
    4. Edit Text / Edit SVGを使用してテキストを変更したり、SVGデータを差し替えも可能です。

 

 SubToolを複製したり、SubToolの名前を変更したりしない限り、モデルの編集が可能です

 

Save

現在の設定をプリセットとして保存します。

Load

以前保存したプリセットを読み込みます。

New Text

テキストを入力できるポップアップウィンドウが開きます。

 

Unicode文字をサポートしています。複数行のテキストはサポートされていないため、行ごとに個別の3Dモデルとして作成する必要があります。

Edit Text

テキスト入力ポップアップを再度開き、テキストを変更できるようにします。

 

SubToolの名前が変更されていない場合にのみ機能します。SubToolを複製、ZBrushを再起動、保存したプロジェクトを開くと、入力したテキストを変更することはできなくなりますので注意が必要です。

Font Selector and Font Style

フォントとフォントスタイルを選択できます。

Load a Font File from Disk

システムにインストールされていないフォントデータを使用したい際に使います。

 

ZBrushはTTF、TTC、OFTおよびFON形式をサポートしています。ビットマップ形式のフォントはサポートされていません。

New SVG

SVGファイルを読み込んでジオメトリに変換します。

Edit SVG

現在のSVGファイルを別のSVGファイルに置き換えることができます。

 

以前のSVGファイルに現在適用されているすべてのスタイル設定オプションが保持されます。

 

SubToolの名前が変更されていない場合にのみ機能します。SubToolを複製、ZBrushを再起動、保存したプロジェクトを開くと、入力したテキストを変更することはできなくなりますので注意が必要です。

Extrusion

形状の厚みを定義します。

0に設定すると、ボリュームはなくサーフェスのみが生成されます。

Resolution

テキストまたはSVG形状のアウトライン/シルエットのクオリティを定義します。

 

設定を高くすると、エッジが滑らかになります。一部の複雑なフォントまたはSVGファイルでは、このスライダーを大きくすると計算時間が劇的に長くなるので注意が必要です。

Spacing

テキスト文字列内の各文字間の距離を定義します。

 

この値は正でも負でもかまいません。

Adaptive

モデル全体で可能な限り最も均一なトポロジを作成します。(デフォルトではON)

 

OFFの場合通常モードが使用され、長い三角形メッシュが作成されますが、処理は高速です。

Bevel

形状のキャップの周りにベベル効果を追加します。

 

0に設定した場合ベベルは無効になります。設定を大きくすると、エッジ全体のベベルの半径が大きくなります。

Bevel Resolution

ベベルエッジに沿ったテッセレーションの密度(エッジループの数)を定義します。

 

この設定は、Curvature設定と連携して機能し、より高い角の丸みを帯びた面取り(より高い解像度で)またはファセットの面取り(より低い解像度で)を作成できます。

Curvature

テキストまたはSVG形状に適用されるベベルの丸さを定義します。

 

値は負または正で、負の(凹面)または正の(凸面)の面取りを生成できます。曲率のクオリティは、Bevel Resolutionスライダーを増やすことで改善できます。

Replace

テキストまたはSVGファイルから新しい形状を作成するときに、現在のSubToolを置換するかどうかを指定します。

 

無効にすると、新しいサブツールが作成されます。

Auto Update

自動更新。(デフォルトではON)

 

変更を自動的に反映します。

Vertical

テキストの方向を水平から垂直に変更します。

要は縦書きですね。

Reverse

現在のテキストを右から左に書き込みます。

アラビア語やヘブライ語などの言語ではこれが必要です。

Illustratorを使いこなすと世界が広がる

今回の紋のような複雑なビジュアル作成はIllustratorを使うことであっという間(?)に作成することが出来ます。イラストAC等でもこういったベクター素材をDLすることが出来るため、非常に効率よいです。上手く使っていきましょう!


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事