ZBrush-Thumbnail View(サムネイルビュー)の表示/非表示とシルエットモードの各機能

ZBrush2020で新規に搭載されたモデルのサムネイルやシルエットを視覚化できる機能の使い方をご紹介します。

 

デフォルトでは表示がONになっているため、ドキュメント上のモデルを左上にある白いエリアにリアルタイムでサムネイル表示してくれます。

 

 検証に使用したバージョンはZBrush2020です

参考

Thumbnail| ZBrush Docs

スポンサーリンク

公式動画:ZBrush 2020 - Thumbnail View

この機能の活かし方

  • シルエットで形状確認
  • リファレンス画像を読み込むことができるので、その画像に合わせて形状調整

 

関連記事これまでのZBrushのリファレンスと言えばこれら

サムネイルの各設定

Preferences > Thumbnailサブパレットにあります

Thumbnail

サムネイルの表示/非表示を設定します。

 

デフォルトではON。表示されている状態です

Silhouette モード

シルエットの表示/非表示を設定します。

オフにすると、カラーとマテリアルの設定に変わります

Sizeスライダー

サムネイルのサイズを調整します

Magnifyスライダー

倍率の調整、サムネイルをズームします

 

Export Thumbnail

サムネイルを画像データにエクスポートします。

 

PSD,JPG,PNG,BMP,TIF 対応しています。

 

Import

シルエットの背景にリファレンス画像をインポートします。

 

この機能はサブメニューには無く、サムネイルウィンドウをクリックすることで画像をインポートすることができます。

 

Background

ビューの背景色を設定します

 カラーの変更と補色

Silhouetteモードを使用している場合、背景色をカラーパレットから選択してからBackGroundをクリックします。背景色が変更されるとともにモデルも背景色の補色で自動的に調整されます。

※背景を緑にしてBackGroundをクリックした例

スポンサーリンク

サムネイル機能のホットキーとマウスアクション

サムネイルビューのいくつかの操作はマウスアクションでのみ行われます。

ズーム(Magnify)

サムネイルビュー内でSHIFT+クリック&ドラッグ

背景画像のインポート(import)

サムネイルビューをクリック

テクスチャインポートウィンドウが開くため、そこから画像を選択します。インポートした画像はサムネイルビューの背景に割り当てられます。

背景画像の移動/パン

サムネイルビュー内でALT+ドラッグ

背景画像の拡大縮小

サムネイルビュー内でALT+ドラッグの状態でALTを放す

ドキュメント上でのズーム操作と同じですね。

ドキュメントのスナップショットをサムネイルの背景に割り当てる

CTRL+クリック

自動的にスナップショットされた画像に切り替わります

ちょっとしたリファレンスがしやすくなった

そんな感じの機能ですね。

シルエットはデザインやアニメーション時にもとても大事な要素の一つなので、手軽に切り替えられるようになったことは良いですよね

 

ZBrush関連アイテム&書籍

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信している福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめ!

 

 

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

ZBrush 4R8という比較的新しいバージョンに対応した書籍です。

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事