【Google AdSence】税務情報を登録した記録-米国源泉徴収税の書類をペーパーレスにする

Googleアドセンスの税務情報の登録完了までの工程のご紹介です。再提出から承認まで行いましたのでメモ。

 

税務情報の登録をしないと、アメリカの法律に則って広告収入から税金が徴収されてしまう&お支払いを受けれなくなるため

Googleアドセンスで広告収入を得ている人が必ずやらねばならない、アメリカの米国源泉徴収税の設定。

 

  • どう入力すればいいの?

という方に向けて。

 

この記事では

実際に入力した内容(※個人情報はモザイク)

再提出→承認までの対応

をまとめています。

 

Youtuber界隈では2021年5月ごろに話題に上がっていたようですが、なんやかんやまったくやっていなかったブロガーです。

 

この記事がおすすめな人
  • Googleアドセンスで広告収入を得ている人
 2021年11月時点での情報です。あくまで私の入力項目なので、自己責任で行ってください

 

参考必要性に関しては専門的な方々の解説を読むとわかりやすいかと思います。

Youtuber等の収益に対する源泉徴収・米Google社による税務情報の提出依頼について@税理士法人成田綜合事務所

スポンサーリンク

送信者(申請者)の基本情報

  • 日本在住
  • アメリカ国内に拠点・活動は一切ない
  • Googleアドセンスはブログのみ
  • ブログ歴は数年(過去にアドセンスからの支払いあり)

必要な物・手続き

  • マイナンバー
  • GoogleAdSenceのユーザー情報の英語化※後述

税務情報の登録工程

今回このようなメールが来まして、登録しないと支払い受けれないよ!とのことだったのでいざ登録。

メールにあった税務情報を管理からアクセスしました。

0.税務情報管理画面へアクセス

もしメールが来ていない状態で、税務情報登録をしたい場合は、Google AdSenceにログイン。

お支払い>お支払い情報>設定

お支払いプロファイル>アメリカ合衆国の税務情報>税務情報の管理

財務情報の追加をやっていきます。

税務情報の追加

入力していった各項目です。まずはログイン

このような画面になります。

口座の種類はなんですか?

個人

米国民であるか、米国に居住していますか?

いいえ

W-8 納税申告用紙タイプを選択

W-8BEN

W-8BEN フォームの記入を開始する をクリックして情報を入力していきます。

W-8BEN フォーム

①納税者番号の記入

  • 個人名:ローマ字で名前を入力
  • 市民権のある国/地域:日本を選択
  • 外国のTIN:マイナンバー入力

を入力します。

②住所

英語表記にて住所を入力していきます。表記方法に関しては「住所 英語」などで検索すると変換サイトが出てくるのでそちらを利用させて頂きます。

住所を英語変換するサイト

君に届け!

JuDress

今回はスカイツリーの住所を例にするとこのような感じ。

  • 郵便番号は半角
  • 都道府県はプルダウンからの選択
  • その他住所は英語

送付先は定住所と同じであるにチェックを入れます。

③租税条約

  • 租税条約下で源泉徴収に適用される軽減税率の請求を行っていますか?:はい
  • 米国と租税条約の適用のある国/地域の居住者チェック
  • 国/地域:日本を選択

特別な料率や条件

  • 全部チェック。
  • 条項と段落は選択肢が一つしかないので、各々選択
  • 源泉徴収率0%(軽減税率)を選択。これ大事

④書類のプレビュー

  • 各PDFは一応保存。
  • 作成された税務書類を確認したうえで、私が知る限り、その内容が真実で正しく、完全であることを誓約します。のチェックを入れます

⑤納税証明

  • 署名:名前を入力
  • 署名欄に記された人物はご自身ですかはい

⑥米国内で行っている活動とサービス、および宣誓供述

ココはその人の状況によってチェックする場所が変わるようなので良く調べてからチェックしたほうがよいかと、

米国内で行っている活動とサービス

特にアメリカで活動していないので以下

  • 納税者番号 セクションに記されている個人または事業体は、これまでに米国内で Google を対象にした活動やサービスを行ったことがありますか?:いいえ
  • その下のチェックボックスにもチェック。

税務上の地位の変更に関する宣誓供述書

過去にGoogle Adsenseから支払いを受け取った事があるので以下

  • 税務情報を提出するのは~云々:過去にお支払いを受け取ったことがある既存のお支払いプロファイルの税務情報を提出します
  • その下のチェックボックスにもチェック。

情報を送信してこちらの表示が出たら成功です

申請不備!?「確認書類が必要です」

実は成功する前、一度申請失敗しています。

この時点で証明書を出す必要はありません。Googleアドセンスの登録情報を修正して再申請を行います。

【解決策】Googleアドセンスの支払者情報を英語表記に

原因はGoogleアドセンスのアカウントと不一致ということで、アカウントを申請情報と同じく英語表記に修正します。

 

Google AdSenceにログイン。お支払い>お支払い情報>設定

お支払いプロファイル>名前と住所

ココを全て英語表記に変更しました。郵便番号はハイフン無しでも通りました。

再申請

新しいフォームを送信します。

それでも承認されなかった場合は、申し訳ありませんが私にはわかりません。

これで無事お支払いを受けれそうです😊

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事