Planerブラシとは、ジオメトリの重なりを作成することなくモデルの一部を平坦化する機能を持ったブラシです。

 

クリック&ドラッグでブラシの角度に合わせてクリックレベルにある全ての要素を平坦化します。例えば溝をクリックすると、クリックした位置より高い部分は全て平坦化されるという意味です。

 

例えばオブジェクトのと地面との接地面を作成する。ボコボコになったメッシュを任意の位置でpolishしたい!というような場合に便利です。

 

 

参考ドキュメント

Planar Trim Polish | ZBrush Docs

 

関連記事

この記事を進めるにあたり、このブラシに行き着きました。

UdemyでZBrushコースを購入してみた3~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作~

スポンサーリンク

クリックレベルにあるすべてを平坦化 Planar ブラシ

キーボードはB>P>L

Planarブラシはジオメトリの重なりを作成することなく、モデルの一部を平坦化します。

 

デフォルトではブラシの角度に合わせてクリックした深度を上回るものはすべて平坦になります。
Brush >DepthメニューのImbedスライダーは、Planarブラシを使用するときのストロークの深さを制御します。

深く深く平坦化 Planar Cutブラシ

ストロークの開始時に作成された傾斜と深さで平坦化します。

 

Lightbox>Planarフォルダ内から使用可能。

ストロークの開始時にカーソルを繰り返しクリックするか、Brush >DepthメニューのImbedスライダー値を変更することで、深度を増やすことができます。 外側に向かって作業することで平坦エリアが拡張されます。

 

PlanerCutブラシはクリックすればするだけ削れていきます。

Note
PlanarブラシとPlanarCutブラシは一緒に使うと効果的。
PlanarCutで削り、Planarブラシで削り残した箇所を整えるといった使い方が出来ます。
ZClassroomに解説動画がありました

ハードサーフェイスに向いたブラシのようですね。

 

スポンサーリンク

メッシュを盛り上げて均す! Planar Flattenブラシ

クリックレベルより低いメッシュをクリックレベルまでに引き上げ平坦化します。

 

 

Lightbox>Planarフォルダ内から使用可能。

基本的にはクリックレベルより高い位置にあるメッシュを均すPlanerブラシですが、このPlanerFlattenは逆にクリックレベルより低いメッシュをクリックレベルまでに引き上げる機能を持ったブラシです。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事