ZBrush-DrawSizeのDynamic(ダイナミック)モードのON/OFFとDynamicモードで大きなブラシにする設定

ここではDrawサイズ横にあるDynamicモードのON/OFFの方法とその違い、DrawSizeが足りなくなった際に上限を増やす設定方法ご紹介します。

 

 検証バージョンはZBrush2020.1.1です
スポンサーリンク

参考動画:#AskZBrush: “What does the Dynamic option on the Draw Size slider do?”

Draw SizeスライダーのDynamicオプションは何をしますか?

という正にド直球な解説動画です。

DynamicモードON/OFFの違い

デフォルトの状態ではDynamicモードON。ZBrushのブラシサイズはモデルのサイズに合わせて自動調整されています。

 

DynamicモードがOFFの場合、ブラシのサイズが一定になり、キャンバス上のモデルの見え方によってブラシの効果が変化します。

 

スポンサーリンク

DynamicモードのON/OFF

「Dynamic」ダブルクリックします。

 

DynamicモードのDrawSizeの上限を上げる設定

Prefarence>Max Brush SizeDynamic Brush Scaleを調整します。

 

基本的にはMax Brush Sizeで~5000までサイズアップ可能です。

 

それでも足りない際は、DynamicがONになっている場合に限り、このMax Brush Sizeに加えてDynamic Brush Scaleを併用することが出来ます。

 

モデルのスケールが大きい場合、デフォルトのDraw size 1000ではサイズが足りないケースが出てきます。そんなときにこのプリファレンスを調整します。

 

モードの違いを理解して上手く使っていきたいですね。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事