ZBrush-モデルに影響を与えないビュー操作。右クリックナビゲーション

基本中の基本。ZBrushのビュー操作(ALL右ボタン)方法についてご紹介します。

 

  • ドキュメントの空きスペースで回転してた人
  • モデルが画面いっぱいだからとセーフエリア外でドラッグしていた人
  • ALT+クリック→ALTを離す→ドラッグ

なんて操作方法を未だに行っている人いませんか?

私はつい最近までずっとこの方法でした。

 

この記事では

右クリックで操作できる移動、ズーム、回転

右クリックで出てくるポップアップメニューの非表示

以前の操作方法

任意の箇所をPivotに回転する方法

をご紹介しています。

 

この記事がおすすめな人
  • 昔からZBrushを使っていた人
 検証バージョンは2020.1.3

 

関連記事知ったきっかけはZBrushCoreMiniのドキュメント

スポンサーリンク

右クリックナビゲーション

全てモデルの上で行うことが出来ます!(素敵

ムーブ みぎ&ドラッグ
ズーム みぎ&ドラッグ
ローテート みぎ&ドラッグ

右クリックで出てくるポップアップメニューを非表示にしたい!

右で操作してくるとたまに出てくるこちらのポップアップメニュー。

こちらは右クリックで出てくるものです。

ちょっと邪魔だなーと思った方は

Preference>Interface>Enable RightClick PopupをOFFにして下さい。

 Prefarence>Config>Store Config (CTRL+SHIFT+I)で設定保存を忘れずに!

クラシックZBrushナビゲーションも併用可

以前のスタンダードであったナビゲーションも併用可能なので、安心してご利用下さい

  • フリー回転:バックグラウンド(空きスペース)でクリック&ドラッグ
  • 回転の90度スナップ – SHIFTを押しながら、クリック&ドラッグ
  • 回転のZ軸制限 – SHIFT→クリックしたまま→SHIFTを離す→ドラッグ
  • Move – バックグラウンド(空きスペース)のALT+クリック&ドラッグ
  • Scale –バックグラウンド(空きスペース)で ALT+クリック→ ALTを離す→ドラッグ

【小技】クリックで回転のPivot(基点)を変更

回転前にPivotにしたい任意の場所を1度クリックすることで、そこを基点に回転することが出来ます。

 

今回の右クリックナビゲーションで回転のPivotにしたい所でクリック&ドラッグすれば任意の箇所をPivotにすることが出来るようになったので使用頻度は下がりますが、この小技自体は右クリックナビゲーションでも使用可能です。

スポンサーリンク

よく使う機能の情報も脳内アップデートしましょう

正直何時からこの右クリックのナビゲーションが追加されたのか知りません。クラシックナビゲーションとして残されていたので全く気づきませんでした。

今回のZBrushCoreMiniのリリースが無ければずっと気づかなかったでしょう。定期的にチェックしておくものですね

 

関連記事ZBrushCoreMiniを始めたい人/誰かに勧めたい人

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事