ZBrush-一気に削る!Trim(トリム)ブラシの使い方とClipブラシとの違い

メッシュをTrimする(刈る)TrimBrushのご紹介です。TrimBrushのうちTrim Curve, Trim Lasso, Trim Rectangle,Trim Cir­cleが対象です。

 

  • ボコボコ部分を一気に削りたい
  • メッシュを削って接地面を作成したい
  • 不要なメッシュを削除、キレイにしたい

そんな方にむけて

 

基本操作方法と動作の似ているClipブラシとの違いについてご紹介します。

この記事では

TrimBrushの特徴

TrimBrushへのアクセス方法(※カーブの基本操作はClipBrush参照)

ClipBrushとの挙動の違い

をまとめています。

 

動作はClipブラシと似ていますが、Clipブラシはポリゴンの押しつぶしTrimeブラシはポリゴンを削除するので違いにご注意下さい。

 

 検証のバージョンはZBrush2019です

 

参考

Trim Curve | ZBrush Docs

関連記事Clipブラシはこちら
スポンサーリンク

TrimBrushとは

photoshopなどの消しゴムツールで消去する方法と似ており、キャンバス上のオブジェクトの指定したエリアを削除するブラシです。

  • 常にキャンバスに対して垂直に操作されます
  • トポロジーを削除し、新しいポリゴンをはります

TrimBrushの基本操作

TrimブラシはB>Tを押すことでアクセスできます。

CTRL+SHIFT+ドラッグでカーブや円又は長方形を描いてクリップします。

これらのブラシは、複数のサブディビジョンレベルのないモデルでのみ機能します。

Tips
CTRL+SHIFTを押ながらBrushアイコンをクリック

CTRL+SHIFTを押ながらBrushアイコンをクリックするとCTRL+SHIFTを押ながら操作をするブラシのみが表示されます。そのため必要なブラシへアクセスしやすくなります。
カーブの操作方法などはClipブラシと同じなので、そちらでご確認下さい
関連記事

Clipブラシとの挙動の違い

基本的にはClipブラシと同じ挙動をしますが、TrimLasso,TrimRectangleやTrimCircleなど閉じたカーブの機能を使用した際に一部異なる動作をします。

モデル上に収まるストロークを行った場合

Clipブラシは周りを押し込み、Trimブラシはスライスしたような状態(新しいポリゴンが貼りなおされる)になります。

モデル外にはみ出したストロークを行った場合

Clipブラシは周りを押し込み、Trimブラシはポリゴンを切り取り、新しいポリゴンを生成します。

Tips:TrimCurveブラシを使って一部を抽出又は削除

Brush> Clip Brush Modifiers>Brush Radius(BRadius)をONにすることで、TrimCurveブラシでモデルの一部を抽出又は削除することができます。

 

何も描画していない状態でCTRL+Spaceバーを押すことでオプションをポップアップで表示することもできます。

 

このオプションはブラシサイズ(Drawsize)を使用して、ブラシサークル内にあるポリゴンのみ保持します。ALTを押すとブラシサークル外のポリゴンを保持します。

Clipブラシと合わせて確認を

細かな操作方法や共通するオプションに関してはClipブラシの方でまとめております。合わせてご確認下さい

関連記事

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事