ZBrush-簡単!Turntable(ターンテーブル)の作り方

作成したモデルのターンテーブル動画を作成・出力する方法のご紹介。

 

 

とりあえずサックリ自分のモデルをくるくる回して動画にしたい。

そんな方に向けて

 

この記事では

ターンテーブル動画作るためのワークフローと必要最低限の設定

をまとめています。

 

この記事がおすすめな人
  • ターンテーブルを作りたい人

 

 検証に使用したバージョンはZBrush2021.5。

 

参考

Movie| ZBrush Docs

スポンサーリンク

簡単ターンテーブルの作り方

基本的にはTurntableボタンを押せばターンテーブルは作成されます。


 

ただデフォルトの設定ではこのオレンジ枠のようにUIが表示され、1秒程度で透かしと共にフェードアウトします

これでは短い。

そこに色々自分好みの調整が必要になります。

参考動画

今回はこちらの動画の手順を参考に作成してみます。

設定はMovieメニュー下のいくつかのサブパレットにまたがっています。

今回は必要最低限の設定のみご紹介します。細かな設定項目に関しては後日別記事でまとめます

大まかな流れ

  1. 【基本操作】録画と再生とキャッシュの削除
  2. 録画エリアの変更と録画サイズの設定
  3. ロゴ・透かしの調整
  4. タイトルの調整
  5. 回転回数を増やす
  6. 動画の出力

1.【基本操作】録画と再生とキャッシュの削除

基本的にはシーンの中心を基点に回りますが、ビューの情報も録画されるのでFキーで画面にフィットさせて見え方を調整してから実行します

 

  • ターンテーブルの録画Turntableボタン
  • ターンテーブルの再生はPlayMovieボタン

  • 録画した動画の情報を削除するにはDeleteボタン
    Deleteをすることで録画情報が消え、再び設定の変更をすることが出来ます
 Daleteせずに再びTurntableボタンを押した場合
すでに録画された情報の後に追加で録画されます

まずはこの基本操作を覚えておいてください

2.録画エリアの変更と録画サイズの設定

  • UIを表示せず、ドキュメントのみ録画する場合はWindow→Docに変更します
  • 録画のサイズを設定します。

    • Large:画面解像度と同じサイズ
    • Medium:画面解像度の半分サイズ
    • Small:画面解像度の4分の1サイズ

とりあえずDocに変更し、Largeを選択しました。

3.ロゴ・透かしの調整

右下に表示されるこの部分

Movie>Overlay Image

  • 画像の変更はZBrushロゴをクリック(隣の空白エリアでマスキング設定可)
  • 不透明度変更はOpacity
  • 位置変更はLR Pos,TD Pos

透かしが不要であればOpacityを0にします。

4.タイトルの調整

冒頭のタイトルやフェードに関して

Movie>Title Image

  • 画像の変更はZBrushロゴをクリック
  • フェードの調整はFadeIn Time、FadeOut Time
  • 文字列追加はText

フェードやタイトルが不要であればFadeIn,Outを0にします。

5.回転回数を増やす

Turntableボタンを追加でもう一度押すMovie>Modifieres:Spin Cyclesを変更します。


Movie>Modifieres

デフォルトでは1(1回転)。2に変更すれば2回転します。

6.動画の出力

Exportを押して動画をMPG出力します。圧縮があまりかかっていない高品質動画をエクスポートしたい場合はHボタンをONにした後にExportをします。

 

出来ました。

今回の場合、引きで一度Turntableボタンを押し、寄った状態でもう一度Turntableボタンを押して録画しました。

特にカメラ設定もしなくてよいので簡単です

 

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

注目!ZBrush専用アカウントを作成しました。ZBrush関連の最新記事、過去記事を投稿するアカウントです。良ければフォローしてください

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

 

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事