ZBrush-カスタムブラシのBrushパレットへの追加方法とLightBoxへの追加方法

カスタムブラシをBrush(ブラシ)パレットへ追加する方法とLightBox(ライトボックス)内で表示する方法をご紹介します。

 

カスタムブラシをBrushパレットに入れたいけど、どこにいれれば?

カスタムブラシをLightBoxに入れておきたいけど、どこにいれれば?

と悩みますよね

 

この記事では

起動時にBrushパレットに表示するため方法

LightBoxに表示するための方法

をまとめています。

 

この記事がおすすめな人
  • ブラシをZBrushに追加したい人

 

 検証バージョンはZBrush2018です

 

関連記事LightBoxに表示させるために入れる場所、各パレットに表示させるために入れる場所の一覧

スポンサーリンク

カスタムブラシをBrushパレットに追加する

ダウンロードしたブラシファイル(*.zbp)を下記のフォルダに入れます。

 

C:\Program Files\Pixologic\ZBrush 2018(※使用バージョン)\ZStartup\BrushPresets

カスタムブラシをLightBoxに追加する

ダウンロードしたブラシファイル(*.zbp)を下記のフォルダに入れます。

C:\Program Files\Pixologic\ZBrush 2018(※使用バージョン)\ZBrushes

【応用】LightBoxに入っているブラシをBrushパレットに入れたい

LightBoxからのみアクセスできるブラシをブラシパレットに追加する方法もカスタムブラシと同様、BrushPresetsにブラシデータをコピーします。

 

  1. C:\Program Files\Pixologic\ZBrush 2018\ZBrushes よりBrushパレットに入れたいブラシをコピーします
  2. C:\Program Files\Pixologic\ZBrush 2018\ZStartup\BrushPresets 内にペースト
  3. ZBrushを再起動します。

 

公式の解説動画

#AskZBrush: “How can I add brushes so they load by default into the brush palette?”

ZStartupフォルダに入れるな!という情報も?

カスタムブラシについて調べていたところこんな情報にあたりました。

 

担当してくれた Pixologic の人が言うには、
ZBrush のデフォルトのフォルダはいじってはいけない
追加したら確実に問題を引き起こす
もしカスタムブラシ等の外部のファイルを使いたいなら
Lightbox を使って参照しなくちゃだめ、とのこと

 

確かに、ZStartupにファイルを入れすぎるとパフォーマンスに影響するという注意が公式ドキュメントにあったので、必要に応じて追加又はZStartup以外の場所にブラシデータを保持・管理するXMDToolboxの導入を検討しても良いのかもしれませんね。

 

関連記事ブラシを一括管理できるXMDToolboxを使えばどこにブラシを置いても大丈夫!

 

関連記事無償で公開されているカスタムブラシを集めてみました

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事