ZBrush-Adjust Colors(カラーの調整)の使い方。ポリペイントとテクスチャマップのカラー変更

ZBrush2020で新規に搭載されたAdjust Colorsの使い方と各設定をご紹介します。

 

Adjust Colorsは、テクスチャマップとPolyPaintの色相、強度、コントラスト、ガンマ、色味の調整ができます。最大8つのチャンネルを使用してマスキングできるため、特定の色を抽出して調整も可能です。

 

要はPhotoshopなどの外部のアプリケーションがなくとも色味の補正ができる機能なんです。

 

 検証に使用したバージョンはZBrush2020です

 

参考

Adjust Colors| ZBrush Docs

スポンサーリンク

公式動画:ZBrush 2020 - Texture Adjust by ColorとPolyPaint Adjust by Color


Adjust Colorsの場所は2つ

ポリペイントとテクスチャマップ用のそれぞれにボタンが用意されています。

ポリペイントの調整

Tool > PolyPaint > Adjust Colors


  • PolyPaintが存在しない場合又はPolyPaint > ColorizeがOFFになっている場合には、グレー表示になり使用できません。

テクスチャの調整

Texture >Adjust Colors



  • テクスチャが存在しないモデルの場合には、グレー表示になり使用できません。
  • 調整したいテクスチャがTextureパレットに配置されている必要があるため、テクスチャが割り当てられているモデルではTool > Texture Map > Cloneでテクスチャを複製する必要があります
スポンサーリンク

簡単な使い方

  1. Adjust Colorsを起動し、右のカラー選択チャンネルをクリック、そのまま変更したいカラー上でまでポインターを持って行き、放します。
    するとピックしたカラーが以外がマスキングされます。

    全体のカラー調整をしたい場合はこの操作の必要はありません。
  2. 後は下部の各調整パラメーターでカラーの調整を行います
  3. OK又はビューポートをクリックするとモデルに適用されます。

Adjust Colorsの各設定

Hide Colors

モデル上のすべてのPolyPaintを非表示にし、マテリアルプロパティのみを表示します。

Hide Materials

モデルのマテリアルを非表示にし、シェーディングされていないPolyPaintのみを表示します。

Toleranceスライダー

カラー選択チャンネルで選択された色の許容値を制御します

 

許容値を増減すると、選択範囲が増減します

Hide Mask

マスク部分を非表示にします。

Inverse Mask

カラー選択チャンネルで選択したマスクを反転します。

Blur Mask

カラー選択チャンネルで選択したマスをぼかします

最大ぼかし設定は25です。

Overwrite

新しいカラーの選択をした際に、既存のマスクが上書きされます。

Mask

既にマスクが適用されているモデルをAdjust Colorsした際に、カラーの選択によって生成された新しいマスクが既存のマスクと結合(追加)されます。

Unmask

既にマスクが適用されているモデルをAdjust Colorsした際に、カラーの選択によって選択されたエリアがマスクから差し引かれます。

ZBrushで完結も可能

ちょっとした色味調整ならZBrush内で完結できそうですね。

SpotLightにもテクスチャの調整機能がついていましたが、こちらの方がより視覚的にわかりやすい&調整パラメータが多いですね。

 

関連記事

ZBrush関連アイテム&書籍

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信している福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめ!

 

 

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

ZBrush 4R8という比較的新しいバージョンに対応した書籍です。

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事