ZBrush-ZSphereからカーブを作成!プラグイン「Curves Helper」のインストールと使い方

ここではMARCUS_CIVIS氏が作成したZBrushのプラグインCurves Helperのインストールと使い方をご紹介します。

 

インサートメッシュを配置する時、

カーブの制御が面倒くさいなと思ったことはありませんか?

 

このプラグインを使えば制御しやすいZSphereで存分に編集後、わずかなカーブ調整だけ希望するカーブを作成することがます。

 

 検証バーションはZBrush2020.1.3です

 

関連記事インサートメッシュの作り方

スポンサーリンク

Curves Helperとは

ZSphereを元にカーブを作成するフリーのブラグインです。

youtubeでは様々なユーザーがその使い方を紹介しています。

 

■ユーザー投稿の使い方

DLリンク

MARCUS_CIVIS氏のスレッド@ZCentral

Curves Helperがやっていることを標準の機能だけでやる

  1. ZSphereでチェーン配置
  2. メッシュに変換(AdaptiveSkin)
  3. 両端を削除
  4. Zmodelerを使ってポリグループ分け(3つのポリグループ)
  5. 不要なポリグループは削除(2つのポリグループのみ)
  6. FrameMeshを使用してポリグループの境界にカーブを作成
  7. InsertMesh ブラシを選択した状態で、カーブをクリックします。

 

と、これだけの手順が必要になり、このプラグインでは上記手順の2~6を省いてくれます

Curves Helperのインストール

  1. ZCentralのMARCUS_CIVIS氏のスレッドよりCurves Helper.zipをDLします
  2. 解凍したZIP内にあるCurvesHelper.zscを下記に入れます。
    C:\Program Files\Pixologic\ZBrush 2020\ZStartup\ZPlugs64
  3. ZBrushを再起動
  4. ZPlugin>CurveHelperが表示されます

Curves Helperの使い方

  1. カーブを追加したいモデルのSubToolにZSphereを追加します。
  2. SubToolリストで ZSphere を選択します。スケールして、適切な開始位置に移動します。
  3. ZSpheresを追加しつつ好きな位置に配置して、ZSphereのチェーンを作成します。
  4. ZSphere チェーンを作り終えたら、Copy ZSphere Chainボタンを押してZSphere チェーンをコピーします
  5. カーブを追加したいSubToolを選択して、Create Cueveボタンを押します。
  6. InsertMesh ブラシを選択した状態で、カーブをクリックします。
    少々カーブを調整して出来ました

注意事項

  • Root ZSphere (基点となる最初のZSphere) は、チェーンの一端にある必要があります。
  • 単一のチェーンのみ機能します。分岐(枝葉に分かれたもの)はできません。

Tips:カーブに対してのインサートメッシュ位置を調整したい

Brush>Depth>Imbedを調整します。

左側にあるオレンジのサムネイルでも調整可能です。

Tips:カーブを削除したい

Stroke>Curve Fanctions>Delete

関連記事カーブの各機能についてはこちらをどうぞ

 

インサートメッシュを扱う時には非常に便利ですね!

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事