ZBrush-インサートメッシュの方向をカメラビューや斜面にスナップする方法

インサートメッシュで挿入できるオブジェクトをカメラビューや斜面にスナップする方法のご紹介です。

 

基本法線に沿って挿入されるインサートメッシュ。

  • カメラに平行して挿入したい
  • SHIFTを押した時のSnapってどうなってるの??

という方に向けて

 

この記事では

インサートメッシュをカメラにスナップする方法

インサートメッシュを斜面にスナップ

参考動画

をまとめています。

 

この記事がおすすめな人
  • インサートメッシュを使用する人

 

 検証バージョンはZBrush2021.7

参考

Insert Mseh| ZBrush Docs

 

関連記事インサートメッシュ

スポンサーリンク

インサートメッシュの方向を確認する

基本法線方向に沿って挿入されるインサートメッシュですが、挿入中に+SHIFTを押すとスナップされますよね。そのスナップが何を基準にしているのかという話。

 

答えはTransposeのアクションライン

アクションライン
Move、Scale、Rotateのいずれかを選択して、Gizmo3DをOFFにすると表示が切り替わります(YキーでもGizmo3D↔Transposeの切り替え可)。

■挿入直後にトランスポーズを表示してみるとわかります

  • インサートメッシュを挿入するたびに方向がリセットされます。
  • アクションラインの方向を軸に近いワールド平面にスナップ

インサートメッシュをカメラ軸にスナップ

  1. Transeposeモードにし、SHIFTを押ながらカメラに平行にアクションラインを引きます。
    このように軸が斜めに表示されていると上手く挿入されませんでご注意。
  2. インサートメッシュ挿入時に+SHIFTをしてスナップさせます。

インサートメッシュを斜面にスナップ

一度その斜面にメッシュを挿入してしまえばこの方法をとらずに済む話ではあるのですが、初手から斜面にスナップさせたい場合はご利用ください。

 

  1. Transeposeモードにし、斜面をドラッグしてアクションラインを引きます。
  2. インサートメッシュ挿入時に+SHIFTをしてスナップさせます。

【おまけ】インサートメッシュを任意の角度に固定

スナップとは異なりますが、挿入のメッシュの角度を任意で固定することも出来ます。

 

Picker>Selected Orientation

このサムネイルを任意の角度に変更します。現在のビューにおいての挿入角度です。

ビューを変えればこれまでの角度とは異なる角度で挿入されます。

 

元の挙動に戻すにはConst Ori

スナップの仕組みがわかると、SHIFTを押した時の挙動に混乱することは無さそうですね

参考動画

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

注目!ZBrush専用アカウントを作成しました。ZBrush関連の最新記事、過去記事を投稿するアカウントです。良ければフォローしてください

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事