ZBrush-ストロークの記録と再生。Inventory(インベントリー)の設定

ここでは複数ストロークを記録、(複数回)再生するInventory(インベントリー)の各設定についてご紹介します。

 

ストロークを繰り返すReplayLast(1キー)と異なり複数ストロークを記録できるのがこの機能の特徴です。

 

同じ模様を他のSubToolにも描きたい時に便利ですね。

 

 

 現在のバージョンはZBrush2019です

 

参考

Inventory | ZBrush Docs - Pixologic

スポンサーリンク

Stroke>Inventory

記録されるもの

  • ブラシストローク
  • 画面の操作

記録されないもの

  • ブラシサイズ・強度の変更

Inventoryの各設定

Record(ホットキー:3)

ブラシストロークを記録します。ホットキーは3

このボタンを使用すると、一連のブラシストロークをキャプチャし、後で再生できるようにディスクファイルに保存できます。

ボタンが有効である限り記録され続けます。

 

 一度OFFにすると、Add Recordingボタン(Add)を押していない限り、記録したストローク情報が消去されるので注意

Add(Add Recording

以前記録したストローク情報を消去せずに、追加で記録できます。

 

RecordをOFFからONにするにこのボタンを有効にすることで、追加で記録することが出来ます。

Strokes Count

記録されたストローク数が表示されます。

 

シングルストローク(マウスやペンがクリックされてからリリースされるまで)の情報が入っています。

ReplayAll

記録されたすべてのブラシストロークを再トレースします。ホットキーは2

 

同じ位置で再生されるので、ストローク効果がより強くなります。

ReplayAllRel (SHIFT+2)

記録されたすべてのストロークを新しいカーソル位置で再生します。

 

開始はカーソル位置に依存するため、ホットキーShift + 2を使用する必要があります (必要に応じて新しいホットキーを割り当てることができるように、ボタンが用意されています。)

ExportLast

最後のストロークをエクスポートします。

 

最新のブラシストロークをディスクファイルに保存します。

 

ストロークファイルは、[StrokeLoad]コマンドを使用してZScriptまたはマクロの一部としてのみロードできます。

ExportAll

全てのストロークをエクスポートします。

 

ストロークファイルは、[StrokeLoad]コマンドを使用してZScriptまたはマクロの一部としてのみロードできます。

スポンサーリンク

シンプルにストロークを繰り返したいならReplayLastも

単に同じストロークを同じ位置で繰り返したい場合はStroke>Modifiers>ReplayLast(1)を押すことでも対応可能です。

 

関連記事

Inventry、シンメトリー機能は利かない?

アイキャッチは左をシンメトリーでストローク(記録)し、右のBOXにReplayAllRelをした結果です。

 

見てお分かりのように片方しかストロークされません。シンメトリーでストロークさせる方法はあるのでしょうかね、、、?

ZBrush関連アイテム&書籍

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信している福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめ!

 

 

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

ZBrush 4R8という比較的新しいバージョンに対応した書籍です。

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事