ここでは画面上に表示されているUIをスライドさせる方法をご紹介します。

 

各機能にすぐアクセスできるよう、ボタンを配置することがありますよね。でも場所が限られていて狭い!!ボタンのサイズを調整しても限界がある!

 

ドキュメント上にボタンを沢山配置したいそんな方向けのTipsです。

 

関連記事ボタンを小さくしすぎるとこんな不具合も起こります

スポンサーリンク

CTRL+クリック&ドラッグ

操作は至って簡単CTRLを押しながらクリック&ドラッグするだけです。

実際やってみました↓↓

 ボタンを配置したらStore Config(CTRL+SHIFT+I)を忘れずに

 

あまり置きすぎると管理が煩雑になってしまいそうですが、場所が足りない!!という人にはもってこいですね。

 

上下のシェルフは横、左右のシェルフは縦にスライドできます

ZBrush関連アイテム&書籍

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信している福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめ!

 

関連記事実際にやった感想

 

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

ZBrush 4R8という比較的新しいバージョンに対応した書籍です。

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事