ZBrush-消えないシワを滑らかに!Smooth Altブラシ (Alternate  Smoothモード/Smooth Polishモード)

モデルのトポロジーの極(頂点が3、5、7などの辺を共有している)部分を滑らかにするSmooth Altブラシのご紹介です。

 

  • Smoothをかけても消えないシワがある。
  • Smoothをかけた時にメッシュの縮小を抑えつつSmoothをかけたい

といった際に効果があります。

 

元々は通常のSmoothブラシを選択した状態で

  1. Shiftキーを押してスムージングを開始。
  2. マウスを離さずに Shift キーを離す。

という工程で実行できるSmooth。

 

ちまたではSmooth Polishモードと呼ばれているこの動作がZBrush2021.5にてブラシとして独立しました。

 

moco
ZBrush2021.5のドキュメント内で「Alternate  Smooth Brush」と記載があるので現時点でのではAlternate  Smoothモードと言った方が良いのかもしれません。
(※Alternate=代替

 

 

 検証に使用したバージョンはZBrush2021.5。
タグのZBrush2021にアクセスするとZBrush2021関連記事が全て表示されます

 

参考

Other Additions and Improvements| ZBrush Docs

Smooth| ZBrush Docs

スポンサーリンク

Smooth Altブラシ

ブラシパレット内にあります。B>S>A

効果1:Smoothをかけても消えないシワを滑らかに

トポロジーが曲になっている部分は嫌なシワが出来る場合があります。

このようなシワはSmoothをかけてもちょっと残ってしまいます。

SmoothAltはそんなシワを滑らかにしてくれます

効果2:スムースによるボリュームの縮小を抑える

Shiftリリースで通常のSmoothブラシになる

Smooth Altブラシを選択した状態で

  1. Shiftキーを押してスムージングを開始
  2. マウスを離さずに Shift キーを離す。

という工程で実行されるSmoothは通常のSmoothに変わります。

 

従来通り

通常のSmoothブラシを選択した状態で

  1. Shiftキーを押してスムージングを開始
  2. マウスを離さずに Shift キーを離す。

という工程を踏んでも今回のAlternate  Smoothになるのでお好きな方をご利用ください。

参考動画

希崎葵さん(@kizakiaoi)のざっくり解説動画がわかりやすいです

 

Smooth Brush Modifiersは今後やっていきます

Brush > Smooth Brush Modifiers>PolishStrengthでポリッシュの強度を調整出来るようなので、今後調べていきたいと思います。

 

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事