ZBrushをインストールしたフォルダ内で、カスタムブラシの追加などユーザーがカスタマイズするために使用できる特別なフォルダがあります。

 

 

LightBoxで表示されるもの、ZBrushの起動時に利用可能なものなど、必要に応じて使い分けていきましょう。

 

 

公式ドキュメントUser Content | ZBrush Docs

スポンサーリンク

LightBoxに表示/ZBrushの起動時に利用可能なもの

青で強調表示されたフォルダがLightBoxに表示され、赤で強調表示されたフォルダは、ZBrushの起動時に利用可能になります。

 

Lightboxフォルダに表示されるもの

  • ZAlphas: このフォルダにアルファがある場合、LightBoxのAlphaタブに表示されます。
  • ZBrushes:このフォルダにブラシがある場合、LightBoxのBrushタブに表示されます。
  • ZDocs: このフォルダにドキュメントがある場合、LightBoxのDocumentタブに表示されます。
  • ZFibersPresets:このフォルダにFiberプリセットがある場合、LightBoxのFibersタブに表示されます。
  • ZGrids:このフォルダにグリッドファイルがある場合、LightBoxのGridsタブに表示されます。
  • ZMaterials:このフォルダにマテリアルがある場合、LightBoxのMaterialタブに表示されます。
  • ZNoiseMakers:このフォルダにNoiseMakerファイルがある場合、LightBoxのNoiseタブに表示されます。
  • ZProjects:このフォルダにプロジェクトがある場合、LightBoxのProjectタブに表示されます。
  • ZSpotlights:このフォルダにSpotlightファイルがある場合、LightBoxのSpotlightタブに表示されます。
  • ZTextures:このフォルダにテクスチャがある場合、LightBoxのTextureタブに表示されます。
  • ZTools:このフォルダにZToolsがある場合、LightBoxのToolsタブに表示されます。

ZStartupフォルダに表示されるもの

  • ZStartup\Alphas: このフォルダにカスタムのアルファを置くことができます。
    ZBrushが次に起動するときにAlphaパレットに表示されます。
     このフォルダには必ず16ビットのグレースケールPSDファイルのみを使用してください。
    ZBrushはBMPといくつかのTIFファイルをインポートできますが、起動時にPSDファイルのみがパレットに表示されます。
  • ZStartup\BrushPresets: このフォルダ内のブラシは、ZBrushの次回起動時にBrushパレットに表示されます。
  • ZStartup\Materials: このフォルダに置かれたマテリアルファイルは、ZBrushが次に起動されたときにMaterialパレットに表示されます。
  • ZStartup\Textures: このフォルダに入れられたテクスチャは、ZBrushが次に起動されたときにTextureパレットに表示されます。

【重要】 ZStartupフォルダの過負荷に注意!

ZStartupフォルダはZBrushのパフォーマンスに影響を与えます。

パフォーマンスに影響がある場合は、これらのフォルダ内のファイル数を減らし、最大20以下に抑えてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事