ZBrush-ZBrush2020用カスタムUI(作:Vadim Sadykov)を入れてみました

ZBrush2020用カスタムUIを入れてみました。モデラーのVadim Sadykov氏が公開しているもので、ZBrush2018からバージョンが上がるたびに公開してくださっているカスタムUIのZBrush2020版。

 

ZBrushはバージョンが上がるたびに新機能が追加されるため、カスタムUIはバージョンごとに再設定しなければなりません。正直面倒くさいんです。

 

そこまで自分の配置が確定している人間ではないのでいっそのこと人様の配置になれてしまおう。と言うズボ、、効率化ですよね。

 

今回入れさせて頂いたcustomUIは

デフォルトの配置をあまり崩さない

Fキーでポップアップされる主要な機能

よく使うMatCapも配置済み

と使いやすそうです。マクロスクリプトまで追加されているので注目!

 

 データのコピー、上書きを伴います。自己責任のもと行ってください
スポンサーリンク

作者: Vadim Sadykov氏

ロシアのアーティストで建築関係のモデラーをされている方です。

参考

Vadim Sadykov@artstation

Download

ZBrushCustomUI for 2020@Yandex Disk

聞いたことのないDLサイトですが、右下のDownloadです。黄色に惑わされないように

ZBrushにZBrushCustomUI for 2020を適用

DLしたrarの中身はこんな感じ。

Installation guide.txtに則って進めていきます。

インストールガイド

赤字をエクスプローラーにコピペすれば該当のフォルダが開きます。

  1. ZBrushCustomUI for 2020(.rar)を解凍します。
  2. C:\Program Files\Pixologic\ZBrush 2020\にZBrushCustomUI for 2020内のZAlphasZStartupフォルダをコピーしてください
  3. C:\Program Files\Pixologic\ZBrush 2020\ZStartup\HotKeysを開きStartupHotkeys.TXTを上書きします。
  4. ZBrushを起動します。Preferences> Config > Load UiからC:\Program Files\Pixologic\ZBrush 2020\ZStartup\UserInterfaceLayouts内にあるZBrushCustomUI_for_2020.cfgを読み込みます
  5. Store Config(Ctrl + Shift + I)を押せば完了です!

 

もしすべてのアイコンがパネルに収まっていなかったら

  1. ZBrushを起動
  2. Preference> Interface> UI> Button Sizeで好きな値に変更
  3. ZBrushを再起動

ホットキー

適用されているパネルは以下(Helper screen.jpgより)

その他よく使う機能にホットキーが設定されています。(ZBrush 2020 - Hotkey.docx)

機能ホットキー
RenderShift + R
From Brush G
Replay Last Ctrl + 1
Replay Last Relative Shift + 1
Group Visible Ctrl+W
Auto Groups Ctrl+Shift+W
DuplicateCtrl+Shift+D
Split Hidden Ctrl+Shift+G
Fill Object Ctrl+F
Delete Hidden Alt+H
Merge Down Ctrl+M
Panel Loops Shift+L
Edge Loop  Alt+L
Edgeloop Masked Border Ctrl+Shift+E
Extract Polys Alt+Shift+E
Mirror And Weld Shift+F12
Colorize Mesh Ctrl+F9
CreaseCtrl+C
Merge Stray Groups Alt+Shift+S
DoubleShift+F9
GrowMask –+
ShrinkMask-
BlurMask Ctrl+“+“
SharpenMaskCtrl+“-“
Pol Features (Macro) Ctrl+Shift+L
Pol Groups (Macro) Ctrl+G
SetPivotToMask (Macro) Alt+Shift+C
mergeWithTopSubTool (Macro) Alt+Ctrl+Shift+M

UIだけでなくマクロスクリプトまで

よく使うブラシはもとより、MatCapやマクロスクリプトの追加はありがたいですね!今まで使ったことなかったのですが、折角なので活用していきたいと思います。ありがたいです。

 

私の環境ではボタンを最小サイズにしても全て表示しきれなかったので、自分で少し配置しなおしました。大きなモニタがほしい所です。

 

 

ちなみにこのUIにするとZBrush2020に搭載されたCamViewやThumnailが非表示になります。この2つを表示したい場合は以下の記事をご確認ください。

私はCamViewだけ表示しました。

 

関連記事

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

注目!ZBrush専用アカウントを作成しました。ZBrush関連の最新記事、過去記事を投稿するアカウントです。良ければフォローしてください

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事