5歳以上の小児から出来るダニ舌下免疫療法:ミティキュアを我が家の長男(5)が始めました。

小児用舌下免疫療法を始めるまでの流れと経過と子供の感想です。

 

 

始めたのは2018年3月上旬。

1ヶ月経過し、通院回数も安定してきたため、ダニ舌下ミティキュアの体験談を残しておこうかと思います。

 

 

関連記事子供のアレルギー対策に光がさした時の感動の記事

スポンサーリンク

長男のアレルギー事情

慢性のアレルギー性鼻炎が小さな頃からあったため、4歳の時に1度、5歳になったばかりの時に全身に酷い蕁麻疹が出たこともあり、小児科で採血をしアレルギー検査をしておりました。(ちなみに蕁麻疹の原因は判明せず)

アレルギー検査の結果(一部)

 

基本的にはクラス2以上が陽性(アレルゲンの可能性が高い)とされているようで、断トツで

 

 

  • ハウスダスト
  • ヤケヒョウダニ
  • スギ

 

 

にポジティブな反応が出ています。

 

 

アレルギー性鼻炎については主に耳鼻科で診てもらっていた為、この結果は耳鼻科にも共有しております。

ミティキュアとは

ダニアレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法の薬です。

 

ミティキュアは、ダニを原料とするエキスから作られたお薬で、少量から服用することによって体を慣らし、ダニによるアレルギー性鼻炎の症状を和らげます。 服用開始前に、ダニによるアレルギー性鼻炎の確定診断が必要です。 また、アレルギー症状の有無にかかわらず、毎日、長期間にわたり継続して服用する必要があります。

 

舌下免疫療法(アレルゲン免疫療法)とは

参考:

アレルゲン免疫療法とは、アレルギーの原因物質(アレルゲン)を少しずつ体内に吸収させることで、アレルギー反応を弱めていく治療法です。

 

ということで毎日・長期服用による体質改善が大きな目的です。

 

CHECK

fa-check-square療養開始1カ月ほどは毎週、その後は1カ月ごとに通院する必要があるので、定期的に通院する必要があります。

fa-check-square3年以上の継続服用を推奨されているので、始めるなら長期戦を覚悟して臨まなければなりません。

アレルゲン免疫療法で期待できる効果

  • くしゃみ、鼻水、鼻づまりの改善
  • 涙目、目のかゆみの改善
  • アレルギーの薬を減らす

など

 

 

個人的には鼻づまりを改善し、口呼吸の改善、ひいては質のよい睡眠が取れるようになることを期待しています。

子供ながらにイビキが酷いのですよ。

耳鼻科にて相談

シダキュア・ミティキュアについては情報を得ていたので、受診のタイミングですぐに聞きました。

2018年2月下旬の診察

ミティキュアが出たと聞いたんですが

耳鼻科先生

ミティキュアは先日出たばかりですね。
アレルギーの検査はしているのでいつでもいいですよ(※アレルギーの検査結果を事前に共有済み
やりますか?

そうですね。それで少しでも本人が楽になるなら

耳鼻科先生

初回は病院で薬を投与して、30分ぐらい様子見をしなければならないんですけど
今日は時間ありますか?

今日は無理なので来週でお願いします

ということで、舌下免疫療法を希望する場合は事前に相談・検査をし、舌下免疫療法開始日には時間に余裕を持って受診しましょう

ミティキュア:舌下免疫療法開始

服用ルール

  • 必ず舌の下に錠剤を入れて1分保持し、その後飲み込むこと
  • その後、5分はうがい他、飲食をしないこと
  • 薬剤は薄く割れやすいため、割れた場合でもその欠片全てを舌の下に入れること

初日:耳鼻科にてミティキュア摂取。

診察以外は看護師さんによる指導です。

1.医師による診察

体調・口の中の診察

2.心拍計測

服用前の子供の心拍を測りました

3.薬の取り扱いの注意

  • 割れやすいので丁寧に取り出すこと
  • 濡れた手で触らないこと
  • 常温保存すること

4.服用の注意

上記服用ルールの説明

5.実践

5歳児にとって舌をあげるという行為は言葉では理解できず、私や夫が「こうやってやるんだよー」と見せたり、始め少々てこずりましたがすぐに理解しうまくやれました。

 

 

子供の場合は、舌の下に薬を保持し続けてられるかというのが重要なポイントのため、「まだベロの下にある?」などと確認をしていました。

6.30分 院内待機

具合が悪くならないかなど、副作用に注意しつつ待機。

特に変化も無く、院内で本を読んだり大人しく過ごしていました。

7.医師による再診察

口の中を確認して、特に問題ないとのことでミティキュアを正式に開始することになりました。

 

~7日間:ミティキュア 3,300JAU 摂取

初日は耳鼻科で服用したものの、それ以降は家での服用になります。

 

 

黄色のパッケージが特徴です

8~14日間:ミティキュア 6,600JAU 摂取

再び病院に行って口の中を診察。問題ないので次段階にステップアップしました。

 

 

本来であれば2週目から10,000JAUに移行するようですが、5歳ということもあってか、病院の方針か、1週目の3,300JAU×2錠服用。

15日~現在:ミティキュア 10,000JAU 摂取

再び病院に行って口の中を診察。問題ないのでさらに次段階にステップアップしました。

 

 

今度は赤いパッケージです。

まずは1週間服用。

 

その後再び病院を受診して問題がなかったので、28日分処方されて現在に至ります。

服用する子供の感想

私が服用するわけにはいかないので子供からの感想です。

味について

長男
苦くも辛くもない、、、ちょっとだけ甘い?

 

 

とのこと、継続して飲み続けてられるところを見ると特に味には抵抗がないようです。

刺激あり?

~60,000JAUの時は特に何もなかったのですが10,000JAUにステップアップしてからというもの、5分の待機時間後には即!水を飲みたがるようになりました。

 

 

長男
なんかピリピリする

 

 

とのこと。

 

 

見た目にはこれといった変化はないようですが、とりあえず不快な感覚であることは間違いないようです。

おすすめアイテム

GoogleHome

時間管理を任せられるため非常に便利でおすすめアイテムです!

毎日1分、5分と計測しなければならないためタイマーは必須!

 

毎回タイマーセットしたり時計を見続けるのも面倒なのですが、GoogleHomeのおかげで全く苦になりません。

 

OK,Google!1分(or5分)カウント!

 

と言っては、あとはGoogleHomeが終了の音楽を鳴らしてくれるのを待つだけなので非常に楽です。

 

 

また、

長男
OKグーグル!あと何分!?

 

 

と聞けば、「残り何分何十秒」まで細かに答えてくれるため、5分の待機時間終了を待ちわびている子供にすぐに応えてくれる可愛いやつです。

まとめ

3カ月ぐらい服用継続してやっと効果が見えてくる可能性があるということなので(20%の割合で効果が出ない人もいる)特に現状は改善したという実感は全くありません。

 

秋になると鼻炎が極端に悪化する時期がやってくるので、その頃の様子をまた報告できればと思います。

おすすめの記事