ZBrush-三角ポリゴンを四角ポリゴンにする【Merge Tris/ZRemesher/ZModeler】

三角ポリゴンを四角ポリゴンにするいくつかの方法をご紹介します。

 

Close Holes(穴閉じ)やTrimブラシを実行した際に生成した面や断面が三角ポリゴンになりますよね。

■このように

  • 出来るだけ四角形にしたい

という方に向けて。

 

この記事では

 Merge Tris(三角結合)

ZRemesherを使った四角ポリゴン化

ZModelerを使った四角ポリゴン化

をまとめています。

 

 検証バージョンはZBrush2022.0.1

 

関連記事Trimブラシ

スポンサーリンク

Merge Tris(三角結合)

Tool>Geometry>Modify Topology>Merge Tris 日本語では三角結合。

表示されているメッシュの三角部分を結合します。

使い方

そのまま実行しても問題ないのですが、境界部分のポリグループが乱れてしまうことがあります。

そのため

  1. CTRL+SHIFT+クリックで四角化したい箇所のポリグループを表示
  2. それから実行します

ZRemesher

ZRemesher自体の使い方は別途まとめてあるので省略

関連記事ZRemesher

使い方

そのまま実行すると、他の部分もリメッシュされてしまします。

そこで

  1. CTRL+SHIFT+クリックで四角化したい箇所のポリグループを表示
  2. Tool>Geometry>ZRemesher:Freeze BorderをONにし、ZRemesherを実行します。

    ■FreezeBorderをONにしなかった例。
    リメッシュしたポリゴンが全体が収縮してしまい境界部分に不要なメッシュが生成されてしまいます
  3. SymmetryをONの状態で実行したので、左右対称です。

ZModeler:エッジアクション

ZModelerの自体の使い方は別途まとめてあるので省略

関連記事ZModeler

 

こちらは手動でひとつづつ不要なエッジを消していく方法です。

  1. Zmodelerブラシを選択し、EdgeActionからDeleteを選択します
  2. 消したいエッジをクリックしていきます

     ZModelerは誤操作を防ぐため、DrawSizeを1にして操作するのがおすすめ

範囲が狭かったら有効ですね。

完全に四角形を望むなら手動でのリトポロジー

機能の性質上自動で四角化すると境界線部分等どうしても三角エッジが出来てしまう部分が出てきます。

意図したトポロジーが必要でであれば、手動でのリトポ、又は他ツールでのリトポロジーを選択肢に入れて下さい。状況が許すのであれば無理してZBrushで完結する必要はありません。

 

関連記事手動でリトポロジー

またKnifeブラシであれば削りつつ極力四角の断面が出来ます

関連記事Knifeブラシ

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

注目!ZBrush専用アカウントを作成しました。ZBrush関連の最新記事、過去記事を投稿するアカウントです。良ければフォローしてください

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事