ZBrush-ストロークの交差部分を盛り上げない(えぐらない)方法

この記事ではストロークの交差部分を盛り上げない(orえぐらない)方法をご紹介します。

 

Standardブラシなどストロークを重ねて描いた時に交差する部分が不自然に凸凹してしまいますよね。

 

3つのルールを守ればそれを回避することが出来、キレイなストロークを描くことが出来るようになります。

この記事がおすすめな人
  • ストロークの交差部分に不具合が出て困っている人

 

参考

LAZY MOUSE 2.0 | ZBrush Docs

スポンサーリンク

交差部分を盛り上げない(えぐらない)3つのルール

いたって簡単!

  1. Chisel又はLayerブラシを使う
  2. LazyMouseをONにする
  3. ストローク前にStoreMTを押す

1.Chisel又はLayerブラシを使用する

この2つのブラシでのみ機能します

chisel LayerBrush

2.LazyMouseONにする

デフォルトではONになってますがOFFの場合はLを押してONにしてください。


関連記事
LazyMouseの設定について

3.ストローク前にStoreMTを押す

Tool>MorphTarget>StoreMTは現在のモデルをメモリに保存する機能です。



ChiselとLayerブラシでのみ、MoephTargetで保存した後のストローク変更を無視します

 

関連記事MorphTargetにあるCreate Diff Meshも面白い!

まとめ

特定のブラシとLazyMouseとMorph Targetと組み合わせると、交差しても同じ深さを保つことが出来るということですね。

 

スジ彫りなどで活躍しそうです。

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事