ZBrush-プロシージャルなノイズを!Surface Noise(サーフェスノイズ)の使い方

作品にプロシージャルなノイズを適用することができるSurface Noise(サーフェスノイズ)使い方ご紹介します。

 

  • LightBoxのプリセットしかアクセスできなくない??

というような方に向けて

 

この記事では

Surface Noiseの概要

Surface Noiseの使い方

をまとめています。

 

この記事がおすすめな人
  • 自動でノイズを加えたい人
 検証バージョンはZBrush2021.6.3

 

参考

Surface Noise| ZBrush Docs - Pixologic

スポンサーリンク

Surface Noiseとは

Tool>Surface

シンプルなパラメータとカーブでモデルにプロシージャルなノイズを適用することが出来る機能です。

 

デフォルトでは、ノイズは非破壊的(※元のデータを改変せずに、元のデータとは別の新しいデータとして結果を残す)にオブジェクトに適用され、いつでも変更や削除が可能です。

また、ワンクリックでスカルプト可能なジオメトリとしてモデルに適用することもできます。

主な3つのノイズ

SurfaceNoiseには主に3つのノイズが存在しています。

moco
便宜上
・基本ノイズ
・ジェネレーターノイズ
・アルファノイズ
と勝手に呼称します。
  1. シンプルにノイズを加える。BasicNoise(基本ノイズ)
  2. ジェネレーターで作成したノイズ

    関連記事ジェネレーター一覧
  3. アルファ画像を使ったノイズ

ジェネレーターノイズとアルファノイズは同時に使用することは出来ませんが、基本ノイズだけはジェネレーターノイズとアルファノイズどちらとも併用可能です。

Surface Noiseの使い方ー基本ノイズ

試しにBasicNoiseを作成してみます。

基本的な流れは

  1. Noiseボタンを押す。
  2. NoseMakerが開くのでノイズを作成。
    右側にあるメニューで作成します。細かな設定は後述しますが

    • Noise Scale:ノイズの大きさ
    • Strength:ノイズの強度
      諸々設定出来たらOKを押します。
  3. ノイズが適用されるとSurfaceの各設定が有効になります。
  4. Apply To Mesh適用することでモデルにノイズが適用されます。
    • SNormalノイズを適用する前にメッシュの法線を滑らかにします。高いNioseScaleとStrengthの値を使用する場合は、この設定を100にすることをお勧めします。

 

 Apply To Meshをで適用されるノイズのクオリティは、メッシュの解像度に依存します。ノイズをきれいに適用するためにはそれなりのポリゴン数を必要とします。ローポリであれば上手くノイズが反映されません。

ポリゴン数次第でNoseMakerでの表示とApply To Meshの結果が異なってしまうことご留意ください。

Surface Noiseが表示されない場合

  • Transformパレットの Quick 3D EditがONになっているか確認してください
  • ほかにもモデルが大きすぎる場合に、表示されない等不具合が起こります

LightBox>NoiseMakersを参考に

LightBoxにはたくさんのノイズプリセットがありますので、自分が欲しいものに近いモノを適用して確認して見るのが最適なノイズを生成する近道かもしれませんね

編集の為に必要なNoiseMakerに関しては後日まとめたいと思います。

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

注目!ZBrush専用アカウントを作成しました。ZBrush関連の最新記事、過去記事を投稿するアカウントです。良ければフォローしてください

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事