ZBrush-ストロークを使ってZSphere(Zスフィア)を連続で描く!

ストロークを使ってZSphereを連続で描く方法をご紹介します。

 

ZSketchのようにストロークでZSphereを配置したい

ZSphereを1つ1つ描いて調整するのが面倒くさい。

そんな方に向けて

 

この記事では

ZSphereを連続して描く方法

をまとめています。

 

この記事がおすすめな人
  • ZSphereを使う人

 

 検証に使用したバージョンはZBrush2021.1.2

 

関連記事ZSpehreがあればカーブも簡単

スポンサーリンク

ZSphereを連続して描く方法

ZSphere追加中にCTRLを2回タップします。

 

その場で2回連続でタップではないので要注意。

  1. RootのZSphereを用意します
  2. 子のZSphereを描き始めたらCTRLを1回タップ
  3. ストロークをやめることなくもう少しストロークを続けてもう一度CTRLタップ
  4. 後はストロークをやめるまでZSphereが描かれ続けます。

ストロークをやめた時点で一度このZSphereを描けるモードではなくなりますが、続けて描く場合はZSphereを追加してCTRLを1回タップするだけで再び連続して描くモードになります。

アングルを変えて描画したい時には便利ですね

+CTRLでサイズの調整も出来る

連続描画途中でCTRLを押すことでZSphereのサイズを変更することが出来ます。

ZSketchとはちょっと違う

同じようにストロークでZSphereを描くZSketchとは異なり、ストロークのカーブにあたるところにZSphereを自動生成してくれます。

 

そのため余計なZSphereができにくく、またAdaptiveSkinで制御することが出来ます。

 

関連記事ZSKetchについて

 

ZSphere操作をしていた時にたまたま見つけたこの機能。

公式のドキュメントを軽く見てみましたがどこに記載があるかはわかりませんでした。ざっと描いて後で調整ということが出来るのでちょっと効率上げられそうですね

ZSphere関連記事

 こちらでは一部ご紹介。タグのZSphereにアクセスすると関連記事が全て表示されます

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事