【レビュー】子どもに教える初めて性教育-「いいタッチわるいタッチ」

幼児から小学校の低学年位までの子に初めて教える性教育としておすすめの絵本「いいタッチわるいタッチ」をご紹介します。

 

子どもらが卑猥な言動を面白がってやるようになってきて、そういう言葉は使ってはいけない、やってはいけないとは言うものの、具体的に何故ダメなのかという所を上手く伝えられないことにヤキモキしていました。

 

そんな時に、保育園で先生が子どもらにお友達同士で触ってよい所・悪い所を教えるためにこの本を使ったと、お便りで知り我が家でも購入してみました。



この記事では

いいタッチ わるいタッチの基本情報

おすすめポイント

をまとめています。

 

小さな子供に性教育ってどうやって教えればよいのかな。

と、なかなかデリケートで難しい問題。

 

この本は絵本という形でまとめているので子どもにも視覚でわかりやすく伝えることが出来る数少ない子供向け性教育の本です。

 

教える親にとっても、小さな子にわかりやすく教えるには?という点において明確な指針となり非常にわかりやすい。

 

おすすめです!

この記事がおすすめな人
  • ~小学校低学年位までのお子さんをお持ちの方
  • 子どもへの性教育の本を探している方
スポンサーリンク

 いいタッチわるいタッチ

復刊ドットコム出版 安藤由紀著。

 

男女双子のワンちゃんがお友達に誘われてプールに行くことに。その誘ってくれたお友達のママがいいタッチとわるいタッチについて大事なことだと教えてくれるストーリーです。


 

子どもの「心とからだ」を守る絵本。先述どおり、保育園でも先生が子どもらに教えるために使っているだけあって具体的な場所やシチュエーションを教えてくれています。かわいいワンちゃんが擬人化されているため、性教育というデリケートな話を優しく伝えることが出来ます。

 

この本の帯にはこのように書かれていました。

 

何が性的虐待かは、子どもにはなかなかわかりません。
この絵本は、そこを子どもが気づけるように描いています。
自分の体を自分自身が愛せることが一番。
そのために、ノーと言える知識を持ってほしい。
大人も読んで、子供に手渡してください。

ひこ・田中。いいタッチわるいタッチ帯より

 

子どもに何がいけない事なのかいけない事があった時どうすべきか、それを教える大切な機会を得ることができるのです。

だいじょうぶの絵本シリーズの一つ

だいじょうぶの絵本シリーズとして他にも、「あなたはちっともわるくない」「わたしがすき」といった絵本もあります。



おすすめポイント

読み聞かせをしていてよいなと思ったポイントです。

子どもに触ってはいけない場所を的確に伝えている

目安として他の人に触らせてはいけない場所を明確にしています。

とても分かりやすい目安。この先には胸やお尻等もう少し具体的に説明されています。

子どもにわるいタッチをされたときの対処方法を教えている

わるいタッチをされた時にはどうすれば??

わるいタッチに出会った時どういう行動をすればよいのかを子供にわかりやすい言葉で説明されていました。

 

嫌そうな顔をしていますよね。

子ども同士のシチュエーションもある

友だちトラブルでよくあること、兄弟同士でよくあること。そんなシチュエーションも絵本の中で説明されています。

 

相手が良くても自分が嫌ならそれはわるいタッチ

そういったことも、自分がする立場、される立場としてお話できます。その話をするきっかけにもなります。

大人に向けた性的虐待・性被害の見分け方、対応方法のアドバイス

巻末には親として大人として知っておかねばならない情報や心構え、普段から子どもにどう教えていけばと言った解説もついています。

この質問に答えられますか?

大人と一緒に読んで一緒に考える絵本

最初は必ず大人と一緒に読むことをおすすめします。

絵本のなかではよいタッチ、わるいタッチ様々なシチュエーションの話がありますが、その状況は子供や周りの状況によって多少なり変化するものです。

 

文章と絵だけでは伝わりにくいニュアンスは大人が教えてあげなければなりません。

 

たとえばわるいタッチとして、おともだちのパンチやキックがあげられていました。それを見た次男

 

次男
おともだちと遊んじゃダメなの、、?

moco
遊ぶことがダメなんじゃなくて、痛いことや相手の嫌がることをすることが良くないことだよ
って言ってるんだよ。戦いごっこの時にはおともだちにはパンチのまねっこだけで痛いことはしないでしょ、、(以下説明

 

 

長男
(わるいタッチについて)家族でもだめなの?

moco

基本的にはよくないこと。

でも、妹ちゃんみたいにまだ一人で体を洗ったり出来ない子にはお世話が必要でしょう?(以下説明

と、その子どもに合ったシチュエーションでお話してあげなければ理解できていないことも多くありました。

 

子どもに教える事は元より、子供と一緒に考えることも出来る1冊。

 

この本をきっかけに、お友達同士であれ、親子同士であれ、兄弟同士であれやって良いことと悪いことがあることを共通認識として持つことが出来ます。

 

たとえ大好きな人がさわってきても、「いや!」と、はっきりいっていい。
それぐらい、自分の体も心も大切なのです。

いいタッチわるいタッチ P29 プライベート・ゾーンの大切さより

 

繰り返し伝えたい良い言葉が詰まっています。

今後も読み聞かせていきたいと思います


性教育関連書籍

子供向けの性教育の絵本


大人が子供に教えるために学ぶことを目的としている本です



関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事