【体験談】キックバイクに慣れたら自転車移行がスムーズだった話【練習3回目で一人乗り成功】

ストライダーに代表されるキックバイク(バランスバイク)と呼ばれるペダルなし自転車で長らく遊んでいた次男(5)が自転車(補助輪無し)にステップアップ、練習3回目にして、支えなしでの一人乗りに成功しました。

 

乗れるの早!!

ということで、キックバイクに慣れると本当に自転車移行がスムーズという噂を実感した所で、これまでの経緯を残しておきます。

 

  • キックバイクで本当に自転車練習になるの??

という方に向けて

 

この記事では

自転車にのれるまで

我が家の購入したキックバイク

キックバイク

をまとめています。

 

関連記事年長は就学の準備も大事ですね

スポンサーリンク

自転車乗れるまで

基本子供のやる気を尊重しているので、インドア派の長男と割とアウトドア派な次男との状況に大きくムラがありますが、おおよそこんな感じ。

ちなみに三輪車はないので、キックバイク→自転車(補助輪無し)です。

長男

次男

一人乗り成功小1年長
一人乗りまで自転車練習の回数10回以上3回
自転車練習開始年長前半~(間あく)。小1で再開年長(前半)
キックバイク歴数か月2年
自転車練習に前向きになるきっかけ。My自転車購入。小1就学練習を促す回数増やしたMy自転車購入。お友達が自転車に乗れた。
  • 長男:キックバイク購入(年少)→ほぼ乗らず→おさがり自転車でスタート(年長)→気が向いた時にキックバイク乗る、たまに自転車の練習(年長~小1)→→おさがりの自転車壊れる(小1)→新車購入→練習にやる気がでる→乗れるようになる(小1)
  • 次男:長男が使わない時に乗り始める(年少)→長男が自転車移行、自分のものになるとよく乗る(年少~年中)→自転車への興味が出てきたので新車購入(年長)→乗れるようになる(年長)

購入したキックバイク(バランスバイク)

我が家が購入したのは自転車専門店 サイクルベースあさひのバランスバイク

 

有名なストライダーとも悩みましたが

 

あさひのバランスバイクは

ブレーキがある

スタンドがある

タイヤが空気を入れるタイプ

店舗で実物を見れた

とより自転車ナイズなキックバイクだったこと、直接触って見てみることができたことが購入ポイント高かったです。

 

ただ正直な所、キックバイクの良し悪しは2の次でいかに沢山乗ったか、乗り慣れたかによるところが大きいのかなという親目線です。要はお好きなものでどうぞ。

キックバイクのメリット

実際キックバイク→自転車移行をやってみてとにかく転ばないのです。(※自転車ごと倒れるような転び方をしないという意)

  1. バランス感覚強化:ハンドル操作も行うため、そこまで大きくふらつかない。うまく足をつける
  2. ブレーキング練習:ブレーキでスピード調整する、いざという時はブレーキ

 

自転車に乗った際にも活かせる体の使い方・乗り物操作の練習に役立ちました

確かに自転車移行はスムーズだった

キックバイクに乗り慣れていた次男は、練習スタート時から抜群の安定感でした。

本人のやる気や素養によるところも大きいですが、やっておいて損はないので今度は長女にキックバイクを引き継ぎ様子を見ていきたいと思います。

他にもまだあるブレーキ付きキックバイク

ブレーキ付きのキックバイクは他にもあります。デザイン等々でお好きなものをお選び下さい




 

忘れちゃいけない自転車練習アイテム

ヘルメットとプロテクターは忘れずに購入しましょう。




Twitterでフォローしよう

おすすめの記事