ZBrush-レリーフを作ろう!Bas Relief(バスレリーフ)2種の使い方

バスレリーフ(浅浮き彫り)の使い方のご紹介です。

 

ZBrush2022の注目機能のひとつ。3Dモデルを好きなアングルでアルファ化、レリーフのような凹凸を作成できるこちらの機能。

  • 使い方は?
  • ToolとAlpha両方に設定あるけど?

という方に向けて。

 

この記事では

バスレリーフの概要

バスレリーフ投影・アルファ2種類の各使い方

をまとめています。各設定に関しては別途まとめたいとおもいます

 

 検証バージョンはZBrush2022。
タグのZBrush2022にアクセスするとZBrush2022の関連記事が表示されます

 

参考

Bas Relief| ZBrush Docs

スポンサーリンク

Bas Relief

バスレリーフには2方法あります。Toolの方は直接モデルにレリーフを投影し、Alphaはレリーフ用アルファを作成、任意の場所にレリーフを配置することが出来ます。

 

Tool>Subtool>Project BasRelief

Alpha> BasRelief

Alphaの方では設定次第でカラー情報も

Tool>Project Bas Reliefの簡単な使い方

ToolパレットにあるProject Bas Reliefは任意のモデルを、選択したSubToolに直接バスレリーフとして投影することができます。

  1. レリーフ化したいモデルを読み込み、配置
  2. 必要に応じて設定を調整
  3. バスレリーフを投影したいSubToolを選択
  4. Project BasReliefボタンを押す
  5. SoloモードをONにして結果を確認

1.レリーフ化したいモデルを読み込み、配置

お好みで配置、プロジェクションしたいアングルにします。

 

■今回はブタちゃんとシンプルな円柱を用意

■配置

 スクリーンベースでレリーフ化されるので角度にご注意

関連記事ブタちゃんはこちらの本を見て作りました

2.必要に応じて設定を調整

ほとんどのモデルではデフォルトの設定で十分な結果が得られます。

 

関連記事必要に応じてこちらを確認しつつ調整してください

3.バスレリーフを投影したいSubToolを選択

今回は円柱の方を選択

関連記事このあたりはディテール転写時と一緒ですね

4.Project BasReliefボタンを押す

Tool>Geometry>Project BasRelief

押した直後。

5.SoloモードをONにして結果を確認

円柱をソロモードにし、結果を確認します。

必要に応じてAdust lastで調整します。

関連記事Adjust Last

Alpha>Bas Reliefの簡単な使い方

AlphaパレットのBas Reliefは、DragRectストロークを使って任意の場所に適用できるようモデルからバスレリーフ用アルファを作成します。

 

 ドキュメントサイズによって、バスレリーフ用アルファの解像度が決まります。

 

  1. ドキュメントのサイズが必要十分な大きさであることを確認
  2. レリーフ化したいモデルを単独で表示・アングルを決める
  3. 必要に応じて設定を調整
  4. Make BasReliefボタンを押す
  5. ストロークをDragRectに変更してモデルに描く

1.ドキュメントのサイズが必要十分な大きさであることを確認

バスレリーフのアルファは、ドキュメントと同じサイズになります。

 

関連記事ドキュメントサイズの変更はここで解説してます

2.レリーフ化したいモデルを単独で表示・アングルを決めます

こちらもスクリーンベースでアルファ作成されるので、アルファ化したいアングルにしましょう

関連記事アングルを保存しておきたい場合

3.必要に応じて設定を調整

ほとんどのモデルではデフォルトの設定で十分な結果が得られます。

 

関連記事必要に応じてこちらを確認しつつ調整してください

4.Make BasReliefボタンを押す

Alpha> BasRelief>Make BasRelief

アルファが作成されます。

5.ストロークをDragRectに変更してモデルに描いていきます

Focal shiftを-100で描くときれいに描けました。

 

必要に応じてAdust lastで調整します。

 

関連記事Adjust Last

 

ZBrush2021最後のアップデートはこの機能の布石か?

思えばZBrush2021.7あたりで「最後のストロークに対して」調整を行ったり、ポリグループを分けたり、マスクをかけたりと言った機能が追加されました。

これらの機能を組み合わせると制作の幅がひろがるのでしょうかね。楽しみです。

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

注目!ZBrush専用アカウントを作成しました。ZBrush関連の最新記事、過去記事を投稿するアカウントです。良ければフォローしてください

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事