Morph Targetを使用して元形状とモーフターゲットの差分部分をジオメトリ化するCreate Difference Meshを触ってみました。

 

 

参考ドキュメント


Morph Targets | ZBrush Docs

スポンサーリンク

Morph Targetとは

ジオメトリ情報を保存し、スカルプトなどの変形の情報を後で呼び出すことが出来る機能です

 

 

Tool>Morph Targetにあります。

StoreMTを押すことで今現在の形状を保存し、その後スカルプト後Swichtを押すことでStoreMTを押した時点の形状に戻ることができます。

 

 

  • モーフを行うために頂点数が同じである必要があるため、ジオメトリの削除は行えません。
  • Subtoolごとに1Morph Targetを作成することが可能です。
  • Morphブラシを使用することで、一部分のみ元モデルに戻すことができます。
    (それによって非対称の形状を作成することも可能)

 

今回ご紹介するCreate Difference Meshはこのモーフの特性を利用してジオメトリを作成します。

差分の抽出はCreate Difference Meshを押すだけ

  1. StoreMTを押して
  2. スカルプト
  3. CreateDiff Mesh をクリック
  4. 差分部分のジオメトリが別Toolで出力されます

抽出ジオメトリの調整

抽出したジオメトリは開いていて欲しいところが繋がっていたり、フチがガタガタしているためSmoothを使って滑らかにしました。

不要なメッシュの削除

  1. 不要な部分にマスクをかける
  2. CTRL+空いているエリアをクリックして選択を反転
  3. Tool>Visiblity>HidePtでマスキングされていない部分を非表示
  4. Geometry>Modify Topology>Del Hidden で非表示部分を削除

オープンエッジを滑らかに

デフォルトの設定ではオープンになっているエッジ部分はスムースがかかりません。

 

そこでBrushメニュー>Smooth Brush ModifiersMinimun Connected Points To Smoothの設定を3(デフォルト)→2に変更します。

smoothが適用される範囲が3点以上から2点以上接続している部分(オープンなエッジ)に変更されます。

 

それらを駆使してモショモショいじるとこんな感じになります。

 

公式による解説動画

Create Difference Meshの使用用法

オープンエッジを滑らかにする方法

 

まとめ

Create Difference Meshに関しては公式動画の後半にある、片面のみに彫りこまれたオブジェクトの制作はフィギュアなど3Dプリントには有益っぽいですね(3Dプリントをしたことが無いのでわかりませんが)。

 

 

どうしても抽出した部分のエッジがガタついてしまうので、そこを調整すればするほど元のイメージから離れていってしまいます。雑に調整してみたせいか、調整したエッジも均一に滑らかになったとは言い難いです。

 

 

模様の抽出としてはあくまでベース作成のための機能として使ったほうが良いかもしれません。

ZBrush関連アイテム&書籍

Twitterでも積極的にTipsを配信している福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめ!

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門 

ZBrush 4R8という比較的新しいバージョンに対応した書籍です。

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事