ZBrush-ワールド原点⇔配置場所を切り替え!Stagerの使い方

Home StageTarget Stage。登録した2か所を好きなタイミングで切り替えることが出来るStagerのご紹介です。

 

ZBrush2021.7で追加されたこちらの新機能。

Home Stageワールド原点を登録、Target Stageに配置した状態を登録することで、いつでもシンメトリー作業に戻れます。

 

  • 使い方は?

という方に向けて

 

この記事では

Stagerの概要

Stagerの使い方

Stagerの設定

参考動画

をまとめています。

 

この記事がおすすめな人
  • 配置後もシンメトリー等ワールド軸で形状調整したい人
 検証バージョンはZBrush2021.7
 タグのZBrush2021にアクセスするとZBrush2021関連記事が全て表示されます

 

参考

Stager| ZBrush Docs - Pixologic

 

関連記事この機能が追加されるまではNanoMesh化してインスタンスオブジェクトを配置していました

スポンサーリンク

Stager

Tool>Geometry>Stager

Home StageTarget stage

保存された2つのステージを切り替えて、自分の作業方法に合った方で作業することができます。

 

これによりSubToolを配置結果を確認しつつシンメトリーで作業を続けることができます。

 

Stagerは、複数のサブディビジョンレベル、Dynamic Subdivision、DynaMesh、Sculptris Pro、IMMブラシで動作します。

 

moco
位置・回転・スケール情報が登録されるだけのようなので登録後のスカルプトは自動的に反映されます。

 

関連記事色々な機能が併用できます

Stagerの使い方

HomeとTarget登録時は同じトポロジーである必要があります。まずは両方を登録してから作業を始めて下さい。

  1. SubToolの初期状態を決めたら、Home StageをON
  2. SubToolの配置をしたら、Target StageをON
  3. 登録を終えたら後は自由に切り替え、好きにスカルプトしていきます。

関連記事Switch Stageにホットキー割り当てた方が使い勝手よさそうですね

Stage登録の更新

ボタンをOFFにして再度ONにすることでHomeとTargetの情報を更新することが出来ます。

SubToolまとめて登録も可

Tool>SubToolサブパレットに新しく All To Home・All To Targetボタンも追加されまとめて登録できるようになっています。

Stagerの各機能

Home Stage

SubToolの初期位置をStage登録します。

 

シンメトリー利用ができるように、ワールド座標の原点に配置するのがおすすめです。

Target Stage

SubToolを目的の場所に配置した後に押してStage登録します。

 

メッシュはどの軸でも回転、拡大縮小が可能です。

Switch Stage

保存されているステージを切り替えます。

このボタンは、HomeとTarget両方の状態が保存されるまで無効になります。

 

NanoMesh化する必要もなくなり、シンプルなフローになりました。作業しやすくなりますね!

参考動画

2021.7の新機能デモでその機能と使い方が解説されています。

希崎葵(@kizakiaoi)氏の素敵翻訳も必見!

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

注目!ZBrush専用アカウントを作成しました。ZBrush関連の最新記事、過去記事を投稿するアカウントです。良ければフォローしてください

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事