ZBrush-SubToolの表示と非表示。SubTool選択とSoloモードのあれこれ

一番使うSubTool。ソロで表示するには?簡単に表示非表示切り替え、選択することは出来ないものだろうか?と調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

SubToolについて

Toolのパーツをレイヤーで分けたものです。SubToolsは別々のオブジェクトです。

 

 

同時に複数のSubToolsをスカルプトすることはできませんがGizmo3Dを使うと複数のSubToolに移動、拡大縮小、または回転の適用はできます。

 

関連記事

SubToolの表示

基本的にはSubTool右の目のアイコンでON/OFFを切り替えます。

 

 

左側(サムネイル付近)をクリックすることでもON/OFF可能です。他機能への誤クリックを防ぐためにもこちらがおすすめ!

 

 

 選択しているSubToolはアイコンのON/OFF関係なく表示されます

 

 

スポンサーリンク

SubToolの選択

SubToolをクリックすることで選択することが出来ます。

ドキュメント上で編集したいメッシュの上でALT+クリックをすることでも選択可能です。

 

 

もしALT+クリックで選択できないよ!と言う場合には

Preferences>Edit>Auto Select SubToolのボタンがONになっているか確認してみて下さい(デフォルトではON)

List All

SubTool内のList Allボタンを押すことで
SubToolを一覧表示し、選択することが出来ます

Xpose View

Subtoolをバラバラに表示してくれます。複雑なプロジェクトで、Listが長くなってしまって特定のパーツを探すのが大変!なんてときにこの機能を実行して、ALT+クリックで選択すると便利です。

インターフェースの右下にあるこのアイコンSHIFT+Xを押します

Solo(ソロ)モード

SubToolを単独表示させたい場合に使用します。

インターフェースの右下にあるこのアイコン。(Transeformパレット内にもあります)

 

 

デフォルトではホットキーは割り当てられていませんが

Preferences> Edit > Allow Click to SoloのボタンをONにすることで、ドキュメントの空いているエリアをクリックすると選択したSubToolがソロモードにになります

まとめ

詳細な機能云々は追々まとめていきます

 

 

関連記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事