オンライン学習のプラットフォームUdemyにてZBrushのコースを受講中。

キャラクタのベースメッシュ作成の続き。
ここでは手のパーツの追加とスカルプトを行いました

 

本業が忙しくてなかなか進まないです(ノд・。) グスン

UdemyでZBrushコースを購入してみたシリーズ

Udemyで購入したEsculpido Orgánico Digital con ZBrushというコースの受講の過程を紹介しています。
その過程でわからなかったことやZBrushの機能についても調べていますので合わせてどうぞ

UdemyでZBrushコースを購入してみた1
Udemyについて。特徴やおすすめしたいポイント
UdemyでZBrushコースを購入してみた2
Esculpido Orgánico Digital con ZBrushのセクション1~5のコース46まで。
InsertMeshやZSpehere、3DLayer、ShodowBox,ZModelerについて調べました
UdemyでZBrushコースを購入してみた3~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作1~
インサートメッシュとGizmo3Dを利用した全身のパーツ作成
UdemyでZBrushコースを購入してみた4~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作2~
全身の調整工程
UdemyでZBrushコースを購入してみた5~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作3~
手のパーツの追加とスカルプト工程。Damstandardブラシについて
UdemyでZBrushコースを購入してみた6~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作4~
Dynameshで作成したベースメッシュのリメッシュを行っています。Dynameshとガイドカーブを利用しています
UdemyでZBrushコースを購入してみた7~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作5~
イメージビューアPureRefについて。顔のスカルプト
UdemyでZBrushコースを購入してみた8~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作6~ 
ZRemesher
による顔のリメッシュとExtractやClipBrushを使用した眉毛などの作成

UdemyでZBrushコースを購入してみた9~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作7~ New!
ExtractやZSphere、カーブブラシを使った髪の毛の作成(予定)

 

随時更新していきます

 

スポンサーリンク

セクション6 Ejercicio de esculpido 2 Base humana toon femenina

51を受講中です。51では手のパーツを作りこんでいきます

前回

51の大まかな流れ

  1. 手だけを別ポリグループにしてSubToolで分離
    ・MaskLassoによるマスキング
  2. 手のリファレンス画像を読み込み、リファレンス画像のサイズを調整
  3. インサートメッシュを利用してリファレンスに沿った指の作成
    1. Gizmo3D(トランスポーズ)を利用した、メッシュの複製>ZBrush4R8-GIZMO 3D その他の操作
    2. ポリグループやTopologicalマスクを利用して形状の調整
  4. 位置やサイズを調整しSubToolをマージ、Dynamesh化してメッシュを結合さらに形状を調整
  5. 左右対称にする

 

進捗5 18/01/12

上記流れの~4の途中です

本来であればメッシュの接合部分が良い感じに肉付き表現に活かせるようですが、私の場合、配置の悪さや調整不足のままDynamesh化したので、かなり修正が必要です。

進捗6 18/01/15

形状の調整の続き。

皺部分にはDamstandardブラシ(Damstandard02もリリースされている)

指先の先細り感はPinchブラシ/Inflateブラシ

指の腹の傾斜はhpolishブラシ

などを駆使して調整

Gizmo3Dやトランスポーズを利用して位置やサイズ感の調整。

Dynameshの解像度を上げて(256ぐらい)リメッシュ

ガタガタ部分を修正。

Deformation>Mirrorで形状を反転

Geometry>Modify Topology>Mirror And Weldで形状をミラーリング

 デフォルトのMirror And Weld設定では向かって左の形状が右側にミラーリングされる模様。Deformation>Mirrorで反転せずにMirror And Weldを実行したところ手首がなくなりました

 

 

まとめ

今回で51は終わりです。次回はZremesherによるリトポです。

 

 

Udemyには日本語のZBrushコースもあります!

Udemyには日本語のZBrushコースもあるので、ZBrush初めての方はこちらからどうぞ

Udemyってそもそも何よ?という方はこちらをどうぞ

 

ZBrushに興味が沸いたら先ずはZBrushCoreからどうぞ

ZBrushCoreはZBrushの機能制限版でその分安価なソフトです。機能制限といってもオリジナルフィギュア制作には十二分な機能を備えています。
またZbrushへのアップデートも可能なので、まずはCoreで試して見るというのもありかと思います。

タブレットのセット販売もあります。

 

ZBrushおすすめ書籍

Twitterでも積極的にTipsを配信している福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめ!

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門 

ZBrush 4R8という比較的新しいバージョンに対応した書籍です。

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事