UdemyでZBrushコースを購入してみた3~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作1~

オンライン学習のプラットフォームUdemyにてZBrushのコースを購入してみた記録。
いよいよキャラクタ制作に入ってきました。

ここではリファレンス画像を配置してベースメッシュの配置をするまで。

UdemyでZBrushコースを購入してみたシリーズ

Udemyで購入したEsculpido Orgánico Digital con ZBrushというコースの受講の過程を紹介しています。
その過程でわからなかったことやZBrushの機能についても調べていますので合わせてどうぞ

UdemyでZBrushコースを購入してみた1
Udemyについて。特徴やおすすめしたいポイント
UdemyでZBrushコースを購入してみた2
Esculpido Orgánico Digital con ZBrushのセクション1~5のコース46まで。
InsertMeshやZSpehere、3DLayer、ShodowBox,ZModelerについて調べました
UdemyでZBrushコースを購入してみた3~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作1~
インサートメッシュとGizmo3Dを利用した全身のパーツ作成
UdemyでZBrushコースを購入してみた4~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作2~
全身の調整工程
UdemyでZBrushコースを購入してみた5~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作3~
手のパーツの追加とスカルプト工程。Damstandardブラシについて
UdemyでZBrushコースを購入してみた6~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作4~
Dynameshで作成したベースメッシュのリメッシュを行っています。Dynameshとガイドカーブを利用しています
UdemyでZBrushコースを購入してみた7~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作5~ New!
イメージビューアPureRefについて。顔のスカルプト

 

随時更新していきます

 

スポンサーリンク

セクション6 Ejercicio de esculpido 2 Base humana toon femenina

47~49まで。ちょっと50も(耳のインサートだけ)
ZBrushで作る初めてのキャラクター制作です。完成まで持っていけるか、、!?

47~49の大まかな流れ

  1. リファレンス画像の配置>ZBrush-リファレンス画像表示の色々
  2. Dynamesh+インサートメッシュを利用してリファレンスに沿ったベースメッシュの作成
    1. Gizmo3D(トランスポーズ)を利用した、メッシュの複製>ZBrush4R8-GIZMO 3D その他の操作
    2. ポリグループを利用して形状の調整
Note
よく使う機能は作業画面上に置いておくと便利

やり方はこちら>ZBrush Tips~逆引き備忘録~ UIの編集と保存

あとはブラシサイズの変更(S)は多用しますね

進捗1

リファレンス画像を敷いて、ポリスフィアを配置。インサートメッシュを使ってメッシュを追加整形

リファレンスが濃すぎたのでDrawパレットで調整。
>ZBrush-リファレンス画像表示の色々リファレンス画像の設定

進捗2 2017/12/15

メッシュがボコボコなのでなだらかにしつつつ、手や足、耳のベースをインサートメッシュで追加、整形。

ClayBuildupでメッシュを盛りつつスムーズでなだらかにするを繰り返しました。

Q.メッシュの位置調整

A.Gizmo3D
参照:ZBrush4R8-GIZMO 3D 基本操作

Q.スクリーンスペースでMoveブラシを使いたい

A.Prefarence>Edit>Aline Cursor To Surface をOFF

Q.メッシュの要素ごと調整したい

A.Brush>Auto Masking>Topology

Q.使ったブラシ
  • Inflate
  • Smooth stronger
  • ClayBuildup
  • hPolish
  • move
  • IMM Primitives

 

まとめ

Smoothはデフォルトのままだと滑らかになりすぎるのでIntensityを10~20ぐらいに設定しました

 

 

Udemyには日本語のZBrushコースもあります!

Udemyには日本語のZBrushコースもあるので、ZBrush初めての方はこちらからどうぞ

 

ZBrushに興味が沸いたら先ずはZBrushCoreからどうぞ

ZBrushCoreはZBrushの機能制限版でその分安価なソフトです。機能制限といってもオリジナルフィギュア制作には十二分な機能を備えています。
またZbrushへのアップデートも可能なので、まずはCoreで試して見るというのもありかと思います。

タブレットのセット販売もあります。

 

☆非常にわかりやすいと定評のある福井さんの書籍。無印ユーザーもおすすめ!

 

コメントを残す

three × one =

関連キーワード
ZBrushの関連記事
  • ZBrush4R8-Gizmo3D デフォーマー後編
  • ZBrush4R8-Gizmo3D パラメトリックメッシュ
  • ZBrush-ZSphere Sketchの基本
  • ZBrush-SpotLightを使ってみる
  • UdemyでZBrushコースを購入してみた6~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作4~
  • UdemyでZBrushコースを購入してみた7~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作5~
おすすめの記事