前回まででベースメッシュの作成が終わり、いよいよキャラクタのスカルプト段階になりました。

 

UdemyでZBrushコースを購入してみたシリーズ

Udemyで購入したEsculpido Orgánico Digital con ZBrushというコースの受講の過程を紹介しています。
その過程でわからなかったことやZBrushの機能についても調べていますので合わせてどうぞ

UdemyでZBrushコースを購入してみた1
Udemyについて。特徴やおすすめしたいポイント
UdemyでZBrushコースを購入してみた2
Esculpido Orgánico Digital con ZBrushのセクション1~5のコース46まで。
InsertMeshやZSpehere、3DLayer、ShodowBox,ZModelerについて調べました
UdemyでZBrushコースを購入してみた3~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作1~
インサートメッシュとGizmo3Dを利用した全身のパーツ作成
UdemyでZBrushコースを購入してみた4~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作2~
全身の調整工程
UdemyでZBrushコースを購入してみた5~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作3~
手のパーツの追加とスカルプト工程。Damstandardブラシについて
UdemyでZBrushコースを購入してみた6~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作4~
Dynameshで作成したベースメッシュのリメッシュを行っています。Dynameshとガイドカーブを利用しています
UdemyでZBrushコースを購入してみた7~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作5~
イメージビューアPureRefについて。顔のスカルプト
UdemyでZBrushコースを購入してみた8~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作6~ 
ZRemesher
による顔のリメッシュとExtractやClipBrushを使用した眉毛などの作成

UdemyでZBrushコースを購入してみた9~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作7~ New!
ExtractやZSphere、カーブブラシを使った髪の毛の作成(予定)

 

随時更新していきます

 

スポンサーリンク

セクション7 Ejercicio de esculpido 3 Personaje completo (Pam)

3Dキャラクターのスカルプトの練習。

53、54を受講しました。

53はPureRefの説明でした。
54から顔のスカルプト開始。主に顔の下半分のスカルプトでした

前回 :ベースメッシュ完成

自分で作成したモデルをそのまま使っていきます

 

進捗9 18/02/09 53:PureRefの説明

コースから参考用ベースメッシュのDLと参考画像をDL

UdemyのコースからベースメッシュをDL。参考用なのか、既にスカルプトされたモデルですね。

 

また、スカルプトのリファレンスとして使用する画像を

いま受講しているコースの講師:Odin FernandezさんののPintrestページがらDLします。

今回のコースの必要資料がまとまっていましたね

 

PureRefを使用し、リファレンス画像を並べる

PureRefというイメージビューアを使用してリファレンス画像を配置します。

■PureRefについては別途まとめました

ここでは主に顔下周りのスカルプトを行っています

進捗9-02 18/02/09 54:顔のスカルプト開始

動画のいい所はどこに、どのブラシを使って盛り上げたり彫り込んだりしているのかがみれる所ですよね。

ここでは唇周りを主にスカルプトしていきます

主力ブラシ

  • Move
  • Dum_Standerd
  • ClayTube
  • Smooth
  • hpolish

 

ポリグループをSubToolに分ける

スカルプト

唇のエッジや小鼻の横などのエッジのきいた箇所はDum_Standerdを利用しました。
Standardブラシは一切使ってません。盛るか彫るか、なだらかにするかといった流れでしたね

進捗10 18/02/22 55・56:目周りのスカルプト、顔全体の調整

目周りのスカルプト開始。

目の窪みをClayTubeで盛り上げる

窪みを埋め、さらになだらかに盛り上げて眼球部分を掘り下げました

■ここに関連してClayTubeとClayBuildUpの違いも調べました

 

ある程度スカルプトしたところでインサートメッシュが眼球を追加。
SubToolMasterを使ってシンメトリーに複製。
眼球メッシュのマテリアルを変更して、さらに目の周りをスカルプトしていきました

主力ブラシ

  • Move
  • Dum_Standerd
  • ClayTube
  • Smooth
  • hpolish

最終的にはこのように

段々可愛げがなくなってきた気がしますが、、、最後まで諦めずにやって行きます

次回は57

Standardブラシは一切使用していなかったのが印象的でした。

鼻下のくぼみ部分や耳の後ろをClayTubeのAlt+スカルプトで彫りこんだり、唇の厚みもClayTubeで全体的に盛り上げてから上唇と下唇を彫りこんだり、想像していたワークフローとはまた違った手法を取り入れていて非常に面白かったです。

 

 

次回はセクション7の57で、目周りのスカルプトの続きです。

眉毛の作成など。

 

Udemyには日本語のZBrushコースもあります!

Udemyには日本語のZBrushコースもあるので、ZBrush初めての方はこちらからどうぞ

Udemyってそもそも何よ?という方はこちらをどうぞ

ZBrushに興味が沸いたら先ずはZBrushCoreからどうぞ

ZBrushCoreはZBrushの機能制限版でその分安価なソフトです。機能制限といってもオリジナルフィギュア制作には十二分な機能を備えています。
またZbrushへのアップデートも可能なので、まずはCoreで試して見るというのもありかと思います。

タブレットのセット販売もあります。

 

ZBrushおすすめ書籍

Twitterでも積極的にTipsを配信している福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめ!

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門 

ZBrush 4R8という比較的新しいバージョンに対応した書籍です。

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

 

おすすめの記事