【Blender】Blender基礎オンラインクラス受講記録【Week4-1】

Gaku(@Gakutadar)氏のBlender#Blender基礎オンラインクラスの受講メモです。第4週はグリースペンシル。GAKUさんの立体絵画を見て受講を決める人も多いグリースペンシルの回に入りました。

 

4週目は2記事に分けております。今回はその1。

今回はグリースペンシルの基礎解説。

 

この記事では

4週目の受講内容(1/2)

をまとめています。今回は参考動画でご紹介した星子氏(@senpookyaku)の動画からもかなり補足しております

 

この記事がおすすめな人
  • Blender基礎オンラインクラスを受講してみたい人
 あくまで私自身の受講のメモの為、既知の内容は省略、講座とは関係ない補足を入れています。講座内ではここ記録している以上の知識・技術の共有があり、質疑応答も活発に行われています。検討している方は受講がおすすめです!

 使用バージョンはBlender3.2.2/受講者限定で提供されるカスタムキーマップやパイメニューを使用しています

 

コンテンツ

スポンサーリンク

振り返りメモ

課題を元に解説。

  • Bendyボーン:しなやかな曲がりを作成
  • スカルプトのポーズブラシ
  • 木の葉が地面で跳ねる:コリジョン側の設定

MIX RGBで複数のカラーを入れたい

MixRGBにMixRGBを重ねる

ポイントライトでSunLightの様に広範囲を照らしたい

アングルを絞る、明るさをかなり明るくする。

第4週「Grease Pencil

今回の主な項目は3つ。

  1. グリースペンシルの基本解説
  2. お花のペイント
  3. 水彩基礎マテリアル
  4. 立体絵画 風景🖼

今回はピンクの項目についてまとめています。

グリースペンシルの基本解説

Grease Pencil(以下:GP)は平たく言えば3D空間上でお絵かきが出来る機能です。3Dなのでカメラワークをつけたりも出来ます。

実際はパスの集合体であり一つのオブジェクト。

レイヤー機能も搭載されているので、photoshopなどの2Dエディタを使ったことがある人はわかりやすいかもしれません。

GPの場合、オブジェクト的な前後感は考慮されず、レイヤー順で表示状態が変わります

レイヤー順を変えただけで幹が葉の上に表示されるように

基本的な操作方法

受講者限定で提供されるグリースペンシル用のAddonを使用しています。

■使いやすいGAKUさんカスタムのパイメニュー

■標準ではCTRL+TABでパイメニューが出てきます

Grease Pencilへのアクセス方法

GPへのアクセスはAdd>Grease Pencil>Blankグリースペンシル専用のオブジェクトを作成した後DrawMode

  1. Add
  2. アウトライナーに専用オブジェクトが出来る
  3. モード変更

ちなみに受講者はGAKUさんのアドオンのおかげで、SHIFT+Aで追加すれば、即Drawモードで描ける状態になります。

Drawモード

GPで描けるモードです。

Drawing Plane(ドロー平面)Storke Placement(ストロークの基準)

描く際はDrawing PlaneStorke Placementを理解することが大事です。

Drawing Planeは描く際のキャンバスの向き、Storke Placementはストロークの描画を定義します。

キャンバスの表示

Drawing Planeを確認するためにキャンバスの表示します。

Drawing Plane

View:現在の視点に平行して描きます

Frot:フロント/バックビュー固定

Side:サイドビュー固定

Top:トップ/ボトムビュー固定

Cursor:3Dカーソルの位置に表示 3DカーソルはSHIFT+右ククリックで任意の箇所に配置可能

Storke Placement

あくまで基準なだけでストロークが固定されるわけではありません。

Origin:原点にキャンバス表示

3DCursor:3Dカーソルの位置にキャンバス表示

Surface:メッシュに沿って描ける。Offsetも可能。0にするとサーフェスにかぶる

Stroke:既存のストロークに吸着させながら描ける。

どの角度でもStart/Endをつなげることも

覚えておきたい設定/機能

機能アクション
ブラシサイズFキー
ブラシの不透明度SHIFT+Fキー
筆圧の有効/無効ブラシ設定の横のアイコン

ツールボックスの表示/非表示Tキー
描いたものを消す・DrawモードでCTRL+ドラッグ
Eraseツール
Bキー(ボックス削除)
交差している箇所を消す・DrawモードでCTRL+ドラッグ
Cutterツール
マテリアルを呼び出すUキー
レイヤーを呼び出すYキー

 

気を付けたい設定

CキーGuaides

特定の向きなどにコンストできるが間違って触ってしまいがち

選択レイヤー以外を自動ロック

自動で線をつなげる

Auto Marge

シンメトリで描きたい

Mirrorモディファイヤを追加

GP Editモード

描いたカーブを編集できます。

先述通りGPはパスの集合体であり一つのオブジェクトなので編集も可能です

Selectモード

ショートカットは左から

  • 頂点のみ選択(1キー)
  • カーブ単位で選択(2キー)
  • カーブ単位で選択(2キー)
  • 他ストロークと交差する所まで選択(3キー)

Curveモード

ベジェカーブで制御できます

覚えておきたい設定/機能

機能アクション
ボックス選択Bキー
サークル選択Cキー
ラッソ選択(投げ縄)CTRL+右ドラッグ
選択の反転Iキー
選択範囲の拡張/縮小CTRL+「+」/「-」
ミラー反転CTRL+M>軸を選択
マテリアルを呼び出すUキー
レイヤーを呼び出すYキー

線を簡略化

Simplifyモディファイヤ

線を閉じたい

Editモード>Stroke>Toggle Cyclic

編集用の線(中央の白い線)を非表示

OverLays>EditLinesのチェックを外す

選択した頂点を別オブジェクトに分離したい

Grease Pencil>Separate

孤立した頂点を削除したい

Grease Pencil>Clean Up>Delete Loose Points

GP Sculptモード

  • Smooth:滑らかさ調整
  • Thickbess:太さ調整
  • Stremgth:透明度調整
  • Randomize:線をランダムにする
  • Grab:移動
  • Push:押し出し
  • Twist:ねじる
  • Pinch:つまむように円の中心に寄せる
  • Clone:コピーした部分を増やす。Editモードでコピー箇所を選択CTRL+C、その後Sculptモードに戻りCloneを選択
機能アクション
ブラシサイズFキー
線を滑らかに+SHIFT

Gakuさんがよく使うのはThickness。太さが変えられます。

味わいのある線が描けますね

木を描く

GAKUさん提供のアドオンとフリーで配布されているGP用ブラシを使用します。

幹を描く

ポイント

  • Strokeの設定をFirst Points
  • Thicknessで太さを変更する

葉を描く

ポイント

  • レイヤーを加えて葉と幹を分けて管理

色変更:描く前に色を変える

UI上部のColor右クリックで変更可能。

デフォルトではVertexColorが選択されています。

右クリック。

色変更:描いた後に色を変える

DrawモードのTint

背景を描く

アニメーションをつける

  • Noiseモディファイヤ
  • Buildモディファイヤ

等を使う

参考

Build(ビルド)モディファイヤ@BlenderManual

塗りつきマテリアル

Material properties>Surface>StrokeとFillに✅を入れる

テクスチャ付きマテリアル

Material properties>Surface>StrokeとFillに✅を入れた上、FillStyleをTextureにして画像を読み込みます。

Q&A

元のアングルに戻せるか?

A.戻せない

ALT+スクロールで消えてしまう

A.タイムラインでフレームの移動をしてしまっている

ストロークを消せない

A.選択しているオブジェクトの確認レイヤーにロックがかかっていないかを確認する

Drawモードにしても描けない

A.VertexColorになっているか確認

ブラシの表示がおかしい

■プツプツ途切れたような表示になるとか

A.マテリアルを確認。

前回使用したマテリアルが反映されているのでBlackなどに戻す。

ランダムにペイント

Stroke>Randomize で色々なランダム処理が可能

ここまでの復習結果

参考動画

Grease Pencilを隅々まで解説して下さっています。

色の解説は繰り返し拝見しました。

動画メモ

  • 色の付け方には2種類ある:マテリアル頂点カラー
  • マテリアルは更に3種類ある:ストローク(Stroke)のみ、塗り(Fill)のみ、ストローク+塗り

  • マテリアルは1ストローク、1塗りがセット。頂点カラーは頂点単位で色を付けられるので1マテリアル内でも複数カラー当てられます

Blender基礎オンラインクラス受講まとめ

随時追加していきます

付随した学び

Blender関連アイテム&書籍

関連記事動画で学びたいならこちら

書籍











 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事