ZBrush-MicroPolyを使ってほつれた布表現【メイキング】

MicroPolyを使ってほつれた布を作成する方法のご紹介です。

 

youtubeに公開されている「Creating frayed cloth in ZBrush - quick 'n easy!」by Sean Forsyth氏のチュートリアルを参考にほつれた布を作成してみました。

 

この記事では

参考動画

実際にやってみた工程

をまとめています。

 

 検証バージョンはZBrush2021.6です

 

この記事がおすすめな人
  • ほつれた布表現をしたい人
  • Micropolyの使いどころを知りたい人

 

関連記事シンプルな機能の組み合わせでリアルな葉っぱも作成できます

スポンサーリンク

Creating frayed cloth in ZBrush - quick 'n easy!

こちらの動画では厚みのあるフードから、厚みを除去してしたりZRemesher等を行ってMicropolyに備えている工程が解説されていますが今回はそのあたり省略するので動画をご確認ください

ほつれた布を作る

大まかな流れ

Micropolyで布地を作って削ってほぐすという工程を踏んでいます。

  1. 布素材の用意
  2. MicroPolyの適用
  3. ほつれエリアの作成
  4. 調整して完成

1.布素材の用意

今回はDynamicsを使って、犬にPlaneを落としました。

関連記事Dynamicsの基本設定

 

Micropolyを使用するにあたって、なるべくポリゴンが正方形に近い方がきれいに反映されるので、ZRemesherをかけます。

ポリゴンを増やしたいわけではないのでSameに設定してZRemesher

関連記事ZRemesherの使い方と各設定

2.MicroPolyの適用

好きなメッシュを選択します。

目を細かくしたかったらSmoothSdivを調整しましょう。

Alignを押してメッシュをきれいに整列させたり、Rotで目を回転させることも出来ます。

 

関連記事Micropolyの使い方と各設定

 

最終的にはこんな感じで

 

オリジナルメッシュを作成・適用しても良いと思います。

関連記事Micropolyメッシュの作り方

 

設定が完了したらApplyを押してメッシュに変換します。

 大きなシルエットの変更はApplyする前に終えて下さい

3.ほつれエリアの作成

該当箇所のメッシュを削除します。方法はどのようなものでも構いません。

  1. Lassoを使ってマスキング
  2. ポリグループ分け
  3. 非表示にしてDelHidden

など

4.調整して完成

MoveやMoveTopologicalブラシなどで切り口をほぐします。

Cloth系のブラシをブラシを使っても面白い効果がでるかもしれません。

関連記事Cloth系ブラシ

 

■こんな感じ

ほぐし作業は最後に

メッシュを確定後の、シルエットの大きな変更はめり込みの原因となるのでおすすめしません。

一通り作成、シルエットに大きな変更を加えることが無くなった際に使ってみるのがよさそうです

ZBrush関連アイテム&書籍

日本語の書籍も沢山出ています。バージョンが古いものもありますが、基本的な操作方法に違いはないので大丈夫かと思います。お気に入りの1冊を見つけてください。

 

注目!ZBrush専用アカウントを作成しました。ZBrush関連の最新記事、過去記事を投稿するアカウントです。良ければフォローしてください

 

関連記事ZBrushユーザーを増やしましょうぞ!無料で遊べるZBrushCoreMini

関連記事動画で学びたいならこちら

ZBrushCore超入門講座 シリーズ

Twitterでも積極的にTipsを配信していた福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、(超)丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめです!


 


 

関連記事実際にやった感想

ほか初心者向けの入門セミナーでもわかりやすく解説されていました。

 

そしてちょっとしたユーザーの疑問にも丁寧に答えてくれる人格者でもあります!

2020年4月に夭逝されたバイタテリティあふれる素晴らしい方でした。その遺伝子たるこれらの教材をもとにたくさんの作品を生みしてください。

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門

タイトルどおりフィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。初心者向けに工程が丁寧に解説されているので初心者におすすめです。

また書籍購入者向けに商用利用可能なブラシデータも配布されております。ZBrush 4R8対応。



Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

作って覚える!ZBrushハードサーフェス入門

「作って覚える!フィギュア制作入門」が終わってのステップアップならこちら!

Zmodelerの基本操作及びメカモデリングで覚えるZModelerの応用テクニックを学ぶことができます。初心者も対象となっていますが多機能を使用するため、ZBrushに慣れてきてからチャレンジするのがおすすめです。

関連記事実際にやった感想

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事