オンライン学習のプラットフォームUdemyにてZBrushのコースを購入してみた記録。

スポンサーリンク

Udemyとは

オンライン学習プラットフォームの一つで、CG関連はもちろんのことプログラミングやらWebデザインなどなど様々なコースが用意されています。ベネッセが提携しているので支払いや購入サポートは大丈夫。英語やスペイン語、日本語のコースなど様々な言語で他分野に渡り学習コースが用意されています。

 

ちなみに講師の使用する言語によってコースが成り立っているので、同じコースで英語・日本語など多言語対応がなされているわけではないのでご注意。私は主にMayaやZBrush、夫は機械学習など仕事に直結したりしなかったり、興味あるコースをちょこちょこ買っています


【注目!】進化し続ける受講内容

講師の裁量により、購入後もコース内容が増量・変化していきます。

 

私が購入したコースも、その後最新のバージョンの補足が追加されたり(もちろん既に購入しているので無料!)、アップデートされるのが魅力です

【一押し機能!】再生機能が充実

倍速/ゆっくり、15秒戻す/進めるなど、再生スピードを×0.5~×2など調整可能です。

解説の作業部分を速く送りたい、見逃したときに少し戻るなど、結構痒いところに手が届きます。
ブックマークも出来るようですが、まだ使用したことはないです

いつでもどこからでもアクセス!進捗も管理されている!

購入後はマイコースよりいつでもアクセスできます

受講に必要な素材(リファレンス画像など)はコース内に添付されており、該当するソフトさえあればPCでもスマホでもいつでもどこでも勉強が出来ます。

↑のように受講が済んだところにはチェックマークがつくので、途中で止めても続きがどこから始まるのか分かります。

日本語コースもある!!

Adobe関連(AfterEffects、Photoshop、illustrator等)や最近流行のBlender、もちろんZBrush日本語コースもあります。

CG系の日本語コースは少ないものの、Adobe系、WEBデザインプログラミング等々はかなり充実してますよ!
Photoshopの人気オンライン講座
Webデザイン入門オンライン講座
iOS11アプリ開発オンライン講座

 

 コースの値段は時期やクーポンによって異なるのでご注意!

 

気になったコースはお気に入りに登録しておいて、不定期に開催されるセール(%割引や価格均一)のときに購入するのがおすすめです!

 

 

コースの不明点を質問をすることが出来る

これはこのサイトの一番大きなメリットではないでしょうかね。購入コースを通して内容の不明点に関して質問を投げることが出来ます。また他の受講者が投げた質問も共有されているので勉強になります。

 

惜しむべきはやはり言語が違うコースを選ぶと、その内容を読み解くにも一苦労なところですね。

Esculpido Orgánico Digital con ZBrush購入

今回はこちらのコースを購入しました。スペイン語です。(多分)
しゃべっていることはサッパリ分からないので画面を見てニュアンスで理解するしかありませんが、言語が分からずとも段階をおって丁寧に説明してくれるので受講は出来ます。

 

※コース受講で作成したもの(一部)

 

このコースの受講の過程はUdemyでZBrushコースを購入してみたシリーズとして随時更新していきたいと思います

UdemyでZBrushコースを購入してみたシリーズ

Udemyで購入したEsculpido Orgánico Digital con ZBrushというコースの受講の過程を紹介しています。
その過程でわからなかったことやZBrushの機能についても調べていますので合わせてどうぞ

UdemyでZBrushコースを購入してみた1
Udemyについて。特徴やおすすめしたいポイント
UdemyでZBrushコースを購入してみた2
Esculpido Orgánico Digital con ZBrushのセクション1~5のコース46まで。
InsertMeshやZSpehere、3DLayer、ShodowBox,ZModelerについて調べました
UdemyでZBrushコースを購入してみた3~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作1~
インサートメッシュとGizmo3Dを利用した全身のパーツ作成
UdemyでZBrushコースを購入してみた4~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作2~
全身の調整工程
UdemyでZBrushコースを購入してみた5~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作3~
手のパーツの追加とスカルプト工程。Damstandardブラシについて
UdemyでZBrushコースを購入してみた6~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作4~
Dynameshで作成したベースメッシュのリメッシュを行っています。Dynameshとガイドカーブを利用しています
UdemyでZBrushコースを購入してみた7~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作5~
イメージビューアPureRefについて。顔のスカルプト
UdemyでZBrushコースを購入してみた8~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作6~ 
ZRemesher
による顔のリメッシュとExtractやClipBrushを使用した眉毛などの作成

UdemyでZBrushコースを購入してみた9~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作7~ New!
ExtractやZSphere、カーブブラシを使った髪の毛の作成(予定)

 

随時更新していきます

ZBrushに興味が沸いたら先ずはZBrushCoreからどうぞ

ZBrushCoreはZBrushの機能制限版でその分安価なソフトです。機能制限といってもオリジナルフィギュア制作には十二分な機能を備えています。
またZbrushへのアップデートも可能なので、まずはCoreで試して見るというのもありかと思います。

タブレットのセット販売もあります。

 

ZBrushおすすめ書籍

Twitterでも積極的にTipsを配信している福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめ!

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門 

ZBrush 4R8という比較的新しいバージョンに対応した書籍です。

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

おすすめの記事