頭制作の続き。

前半はExtractを利用した髪の毛のベースメッシュの作成とZSphereを使った前髪の後半カーブブラシを利用した髪の毛作成です。

 

 

今回からZBrushのバージョンを2018に上げました。

ZBrush2018搭載のSculptris pro(スカルプトリス)を利用して作成すると色々サクサク進んでいい感じです。

 

 

 

 

UdemyでZBrushコースを購入してみたシリーズ

Udemyで購入したEsculpido Orgánico Digital con ZBrushというコースの受講の過程を紹介しています。
その過程でわからなかったことやZBrushの機能についても調べていますので合わせてどうぞ

UdemyでZBrushコースを購入してみた1
Udemyについて。特徴やおすすめしたいポイント
UdemyでZBrushコースを購入してみた2
Esculpido Orgánico Digital con ZBrushのセクション1~5のコース46まで。
InsertMeshやZSpehere、3DLayer、ShodowBox,ZModelerについて調べました
UdemyでZBrushコースを購入してみた3~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作1~
インサートメッシュとGizmo3Dを利用した全身のパーツ作成
UdemyでZBrushコースを購入してみた4~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作2~
全身の調整工程
UdemyでZBrushコースを購入してみた5~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作3~
手のパーツの追加とスカルプト工程。Damstandardブラシについて
UdemyでZBrushコースを購入してみた6~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作4~
Dynameshで作成したベースメッシュのリメッシュを行っています。Dynameshとガイドカーブを利用しています
UdemyでZBrushコースを購入してみた7~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作5~
イメージビューアPureRefについて。顔のスカルプト
UdemyでZBrushコースを購入してみた8~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作6~ 
ZRemesher
による顔のリメッシュとExtractやClipBrushを使用した眉毛などの作成

UdemyでZBrushコースを購入してみた9~ZBrushで作る初めてのキャラクター制作7~ New!
ExtractやZSphere、カーブブラシを使った髪の毛の作成(予定)

 

随時更新していきます

スポンサーリンク

セクション7 Ejercicio de esculpido 3 Personaje completo (Pam)

前回 :58 眉毛・睫毛メッシュ作成

 

59,60では頭と体の接合工程(割愛)

元データを複製、頭と胴体をDynameshで接合してZprojectで複製データからディテールを投影、調整するという内容でした

進捗13 18/04/13 61 髪の毛の作成

ExtractとSculptrisでヅラ髪の毛のベース作り

眉毛同様マスキングを行いExtractでメッシュを抽出。

 

 

生え際のそりこみをスカルプトしていきます。

 

 

主な使用ブラシはDam_standardmoveブラシ。

関連記事

 

 

UdemyではDynameshを使用してスカルプトしていましたが、メッシュ不足などを気にしないで済むZBrush2018搭載のSculptris proを使用していきました。

 

関連記事

ZSphereで前髪作り

SubTool>AppendZSphereのを追加。形状を調整します。

ZSphereのメッシュプレビューはA

 

 

Make Adaptive Skinでメッシュか、Appendでメッシュ化した前髪を読み込みます。

 

関連記事

進捗14 18/04/18 62 カーブブラシによる髪の毛の作成

Topologyブラシによるカーブ作成

前回作成したベースの髪の毛にTopologyBrushでカーブを引いていきます

カーブの描画方法については基本的にZRemesherのガイドカーブと同様です。

 

 

一度描いたカーブの編集は出来ません。(削除する他ない)

 

関連記事

 

 

ただZBrush2018で搭載されたカーブのElastic/Liquid Editモードによって多少の編集が可能になりました!

 

 

関連記事

メッシュインサートブラシで髪の毛のメッシュを適用

フリーのHairBrushをGumroadからDL

Gumroad.comでフリーで公開されているHairBrushをDLします。

※ブラシ自体はフリーですが、GumroadのアカウントDL用のリンクが送られてくるためのメールアドレスが必要です。

 

 

XMDToolboxにも注目!

この素敵ブラシをフリーで公開しているMichael Dunnamさん。

 

ZBrushのブラシ管理ツール XMDToolbox を有料配信(2018年4月現在48$)しています。

DLしてきたカスタムブラシはもちろん、標準のブラシもこのツールで一元管理が出来るというこのツール。

 

 

ちなみに購入特典として、彼が公開しているブラシ(有料・無料問わず)がフリーでDL出来ます。

 

 

カーブに適用

DLしたカーブブラシの中から好きなメッシュを選び、描いたカーブをクリックするとカーブにメッシュが適用されます。

上下逆になってしまいました。

 

 

そんなときにはStroke>Curve Modifire >Curve FallOffをひらきfH(Filip Horizontally)をクリックしてグラフを反転させます。

 

 

その状態で再びカーブをクリックします。

正しい方向に修正されました。

 

 

ちなみにこんなまどろっこしいマネをせずとも、HairBrushを選択した状態で、カーブを描けばリアルタイムでメッシュが描画されます。

まとめ

髪の毛は難しい!!

 

 

フィギュアのような髪の毛の場合イメージどおりに作成するためには1房1房作成するなどの対策が必要なようですね。

 

 

 

Udemyには日本語のZBrushコースもあります!

Udemyには日本語のZBrushコースもあるので、ZBrush初めての方はこちらからどうぞ

Udemyってそもそも何よ?という方はこちらをどうぞ

ZBrushに興味が沸いたら先ずはZBrushCoreからどうぞ

ZBrushCoreはZBrushの機能制限版でその分安価なソフトです。機能制限といってもオリジナルフィギュア制作には十二分な機能を備えています。
またZbrushへのアップデートも可能なので、まずはCoreで試して見るというのもありかと思います。

タブレットのセット販売もあります。

 

ZBrushおすすめ書籍

Twitterでも積極的にTipsを配信している福井信明さん(@nobgame)の書籍。

基本操作から、丁寧に解説しているのでZBrushを始めたばかりの人にも、無印ユーザーもおすすめ!

作って覚える! ZBrushフィギュア制作入門 

ZBrush 4R8という比較的新しいバージョンに対応した書籍です。

タイトルどおり、フィギュア制作の工程を通して学ぶため、非常に実践的です。

Coreにはない機能を使用しているので注意が必要です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事